横浜のクラブラウンジでラグジュアリー体験! リニューアルした「クラブインターコンチネンタル」の3つの楽しみ方

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル

掲載日:

更新日:

横浜のクラブラウンジでラグジュアリー体験! リニューアルした「クラブインターコンチネンタル」の3つの楽しみ方
横浜のクラブラウンジでラグジュアリー体験! リニューアルした「クラブインターコンチネンタル」の3つの楽しみ方

横浜の「みなとみらい 三銃士」の中で最も老舗であるヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルは2021年8月に開業30周年を迎えました。それを機に2021年10月1日(金)に「クラブインターコンチネンタル」の宿泊客が利用できる専用ラウンジが移設・リニューアルされました。

この「クラブインターコンチネンタル ラウンジ」の誕生により、オールインクルーシブでホテルステイを楽しむ、ワンランク上の贅沢体験ができるようになりました。

本レポート記事では、リニューアルされたクラブインターコンチネンタルのポイントや楽しみ方を3つのポイントでご紹介します。

この記事を読めば、ラグジュアリーホテルをお探しの方はもちろん、コロナ禍で海外旅行ができない代わりに少し奮発して横浜で贅沢な体験をしたい方も泊まってみたくなるはずです。

#ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル
#クラブインターコンチネンタル
#ラグジュアリーホテル

🍰 楽しみ方① 神奈川県内最大級のクラブラウンジを目と口で味わう

開業30周年を機にリニューアルされたクラブインターコンチネンタル ラウンジは、ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルの2階。専用ラウンジはもともと28階にありましたが、広々としたスペースに移設し、31卓116席、広さにして393㎡という神奈川県内最大級のラウンジが誕生しました。

ここは、今年9月26日で惜しまれながら閉店したイタリア料理「ラ ヴェラ」のスペースで、近年ニーズが増加するクラブインターコンチネンタルの宿泊客の滞在価値を向上させるために、専用ラウンジとしてリニューアルしたそうです。

クラブインターコンチネンタル ラウンジ(画像提供:ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル)
クラブインターコンチネンタル ラウンジ(画像提供:ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル)
ダイニングエリアで開放的な大きな窓の外にコスモクロック21(大観覧車)などを一望
ダイニングエリアで開放的な大きな窓の外にコスモクロック21(大観覧車)などを一望

この クラブインターコンチネンタル ラウンジでは、主に下記の3つのサービスが提供されます。

①パーソナルチェックイン/チェックアウト

②フードプレゼンテーション
〔朝食〕7:00~11:00
〔アフタヌーンティー〕14:00~17:00
〔カクテルタイム〕17:00~21:00(L.O. 20:30、オードヴルの提供は19:00まで)

③専任スタッフによる各種手配

海を眺めながらドリンク片手にリラックスできるハイテーブルエリア
海を眺めながらドリンク片手にリラックスできるハイテーブルエリア
ゆったり寛げるラウンジエリアはビジネス利用にもオススメ
ゆったり寛げるラウンジエリアはビジネス利用にもオススメ

特に魅力的なのが②の「フードプレゼンテーション」です。

クラブラウンジの食事といえば、サンドウィッチやクッキーなどの軽食が並ぶイメージをお持ちの方もいるかも知れませんが、同ホテルのクラブインターコンチネンタル ラウンジでは、オープンキッチンから本格料理が提供されます。

🍳 “記憶に残る至福の朝食”がテーマの朝食

朝食は“記憶に残る至福の朝食”がテーマ。

日替わりのサンドウィッチは提供時にシェフがカッティングしてくれたり、「野菜とチーズのオムレツ」や「トマトと挽肉のシャクシュカ」などの世界の卵料理はオーダー後に作り立てをテーブルサーブしてくれたり、1日のスタートを贅沢な気分で迎えることができます。

【朝食】世界の卵料理はオーダー後に作り立てをテーブルサーブ
【朝食】世界の卵料理はオーダー後に作り立てをテーブルサーブ
【朝食】提供時にカッティングしてくれる日替わりのサンドウィッチ
【朝食】提供時にカッティングしてくれる日替わりのサンドウィッチ

【朝食】温製料理(季節野菜のヴァプール、ハッシュドポテト、季節野菜のポタージュ)
【朝食】温製料理(季節野菜のヴァプール、ハッシュドポテト、季節野菜のポタージュ)
【朝食】冷製料理(木の実とドライフルーツ・豆のカリフォルニアパワーサラダ、ラタトゥイユ、ノルウェーサーモンの自家製スモークとコンディメント、ポークハム)
【朝食】冷製料理(木の実とドライフルーツ・豆のカリフォルニアパワーサラダ、ラタトゥイユ、ノルウェーサーモンの自家製スモークとコンディメント、ポークハム)

【朝食】フレッシュフルーツ
【朝食】フレッシュフルーツ
【朝食】ブリュッセルワッフル・メープルシロップ、厚焼きパンケーキ・メープルシロップ、ブリオッシュのフレンチトースト・山手元町アメリカ山のピュアハニー(好みのメニューを選択可)
【朝食】ブリュッセルワッフル・メープルシロップ、厚焼きパンケーキ・メープルシロップ、ブリオッシュのフレンチトースト・山手元町アメリカ山のピュアハニー(好みのメニューを選択可)

☕ チェックイン後は優雅にアフタヌーンティー

近年、人気が上昇中のアフタヌーンティーをクラブラウンジでも楽しむことができます。クラブラウンジでチェックインして、そのまま季節のスイーツやセイボリーが盛られたアフタヌーンティーを堪能できるなんて贅沢ですね。

アフタヌーンティーは14:00~17:00なので、早めにチェックインしたいところですね。

【アフタヌーンティー】季節のスイーツやセイボリーの盛り合わせ
【アフタヌーンティー】季節のスイーツやセイボリーの盛り合わせ

🍸 横浜港の夜景を眺めながらカクテルタイム

カクテルタイムには、日替わりのオードヴルやグラスカクテルをはじめ、神奈川野菜のベジタブルスティックやチーズ各種、パルマ産生ハムなどの冷製料理のほか、カルタファタで包んだ海老のアヒージョやイタリア料理「ラ ヴェラ」時代から使用する窯で焼き上げる焼き立てのピッツァが味わえます。

さらに、毎月2種類ずつ、月替わりで全国のクラフトビールが楽しめるのも魅力! ビールサーバーから注ぎたてをいただけます。また、湘南の蔵元「熊澤酒造」の日本酒など、地産地消のメニューもラインナップします。

【カクテルタイム】ベイブリッジや大観覧車を望む(画像提供:ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル)
【カクテルタイム】ベイブリッジや大観覧車を望む(画像提供:ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル)
【カクテルタイム】神奈川野菜のベジタブルスティック、パルマ産生ハムとグリッシーニなど
【カクテルタイム】神奈川野菜のベジタブルスティック、パルマ産生ハムとグリッシーニなど

【カクテルタイム】本日のオードヴル
【カクテルタイム】本日のオードヴル
【カクテルタイム】本日の窯焼きピッツァ(画像提供:ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル)
【カクテルタイム】本日の窯焼きピッツァ(画像提供:ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル)

<スポンサーリンク>

💺 楽しみ方② クラブ専用サロンでリラックスする

30年前にインターコンチネンタルホテル日本初進出として開業したヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル

隣接するパシフィコ横浜で開催される国際会議などで国内外から宿泊するVIPへのおもてなしをするため、国内ホテル業界の先駆けとして、クラブ専用ラウンジを備えたクラブルームを設けています。

今回のリニューアルに伴い、28階の専用ラウンジは、ミーティングや読書をするなどのくつろぎのサロンとして自由に利用できるように。ゆったり贅沢にスペースを使うことができます。セルフサービスで、コーヒーや紅茶も用意され、みなとみらいの街並みやコスモクロック21などの景色を楽しみながら、一息つくことができます。

28階 クラブインターコンチネンタル サロン
28階 クラブインターコンチネンタル サロン
28階 クラブインターコンチネンタル サロン(ドリンクはセルフサービス)
28階 クラブインターコンチネンタル サロン(ドリンクはセルフサービス)

<スポンサーリンク>

🛏 楽しみ方③ 大パノラマを望む客室でゆったり休む

近年、クラブインターコンチネンタル ルームの需要が高まっていることから、今回のリニューアルで、27~29階に加え、26階の22室が加わり、全70室がクラブルームとなりました。

クラブフロアは、下記のような客室タイプで構成されています。

クラブインターコンチネンタル ルーム(31~38㎡) ※シティビュー/ベイビュー
クラブインターコンチネンタル スイート(115㎡)
ロイヤルスイート(150㎡)

クラブインターコンチネンタル ルーム

クラブインターコンチネンタル ルームは、ツインベッド/ダブルベッドのお部屋、シティビュー/ベイビューのお部屋があります。

客室の広さは31~38㎡なのでゆったりくつろぐことができます。

クラブインターコンチネンタル ルーム(ツイン)
クラブインターコンチネンタル ルーム(ツイン)
クラブインターコンチネンタル ルーム(ツイン)
クラブインターコンチネンタル ルーム(ツイン)

取材日はあいにくの空模様でしたが、天気が良い日はキラキラした桜木町~関内エリアの夜景が望めます。

クラブインターコンチネンタル ルーム(シティビュー)
クラブインターコンチネンタル ルーム(シティビュー)
クラブインターコンチネンタル ルーム(シティビュー)からの眺め
クラブインターコンチネンタル ルーム(シティビュー)からの眺め

クラブインターコンチネンタル スイート

クラブインターコンチネンタル スイートは、ベッドルームとリビングに加え、パントリーも完備しています。客室の広さは115㎡。

こちらのお部屋はヨットの帆の形をした同ホテルの先端部分に位置するため、三方向の景色が一望できる窓が多いのも特徴的です。過去にはさまざまなVIPが宿泊したことがあるとか。

クラブインターコンチネンタル スイートのベッドルーム
クラブインターコンチネンタル スイートのベッドルーム
クラブインターコンチネンタル スイートのリビング(左奥にはパントリーも)
クラブインターコンチネンタル スイートのリビング(左奥にはパントリーも)

開放感あふれるバスルームも特徴的。大きな窓からは横浜港を望むことができます。リッチなバスタイムが楽しめそうです。

なかなかスイートに泊まれる機会は少ないかも知れませんが、いつか泊まってみたいですね。

クラブインターコンチネンタル スイートのバスルーム
クラブインターコンチネンタル スイートのバスルーム
クラブインターコンチネンタル スイートの入口の廊下
クラブインターコンチネンタル スイートの入口の廊下

「横浜観光情報」Youtubeチャンネル

📒 まとめ

今回リニューアルした横浜を代表するホテルの一つであるヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルのクラブラウンジ。

コロナ禍で海外旅行に行きたくても行けない代わりに、横浜でラグジュアリーな宿泊体験をしたい!という方は是非、利用してみませんか? 今後、VIPや国内外の富裕層や著名人も利用するであろうホテルを先行体験することになるかも知れません!

※クラブインターコンチネンタルでの宿泊時に、みなとみらいを空から、海から、陸から体験できるアクティビティ付きの 開業30周年&クラブラウンジリニューアル記念「YOKOHAMA 360°」 という2泊3日の特別プランも11月30日(火)まで販売しています。

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル
ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル

<スポンサーリンク>

📝 「クラブインターコンチネンタル」概要

【営業開始】
 2021年10月1日(金)~
【階数】
 ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル 2階
【席数】
 31卓 116席
【広さ】
 393㎡(県内最大級)
【ラウンジサービス】
・専用ラウンジでのパーソナルチェックイン/チェックアウト
・フードプレゼンテーション
 朝食/7:00~11:00
 アフタヌーンティー/14:00~16:30
 カクテルタイム/17:00~21:00(ラストオーダー 20:30)
 ※オードヴルの提供は 19:00まで
・専任スタッフによる各種手配
           …など

<予約・お問合せ>ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル宿泊予約 TEL:045-223-2222(9:00~19:00)

ホテル外観(画像提供:ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル)
ホテル外観(画像提供:ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル)

URL

【公式】ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル「クラブインターコンチネンタル」について

「横浜観光情報」のサイト運営担当4年目のノンプロカメラマン。

趣味は野球と写真撮影。自前のカメラ機材を駆使して横浜市内の観光スポットに出没します。お気に入りのフォトスポットは、昼は富士山、夜は美しい夜景が望める横浜ランドマークタワー 69階展望フロア「スカイガーデン」や、春の桜や秋の紅葉など、四季が美しい日本庭園「三溪園」など。

横浜発祥の牛鍋やナポリタン、ビールはもちろん、甘いもの好き。

【Facebook】https://www.facebook.com/welcome.city.yokohama
【Twitter】https://twitter.com/hamako_yokohama
【Instagram】https://www.instagram.com/yokohama_visitors_guide/

ジョーの記事一覧