【横浜スタジアム改修情報】「Yデッキ」リニューアルと「DREAM GATE STAND」「BAYSTORE PARK」、さらに新設レフト側スタンドに「濱星樓」が新設!

横浜スタジアム/横浜公園

掲載日:

更新日:

(株)横浜DeNA ベイスターズと(株)横浜スタジアムは、『コミュニティボールパーク』化構想に基づき、2020年改修第三弾として、横浜スタジアムの内野外周エリアである「 Y デッキ」を、横浜スタジアムの外周を1周できるようにリニューアルし、さらに第四弾として、「Yデッキ」内に球場と日常をつなげるフォトスポット「 DREAM GATE STAND」を新設します。

==3月9日追記======
2020年改修第五弾として、横浜スタジアム DREAM GATE 横に「BAYSTORE PARK」を新設します。増築・改修工事に伴い、2019年10月から一時休業していた7ゲート横の「BAYSTORE GAIYA」を移転し、横浜公園に開かれた店舗であることから、名称を新たに「BAYSTORE PARK」と変え、オープンします。

==3月17日追記======
2020年改修第六弾として、新設するレフト側スタンド 3階に、横浜中華街発展会協同組合監修の新店舗「濱星樓(はますたろう )」が誕生します。横浜スタジアムで本格中華を楽しめるようになります。

横浜スタジアム外周をぐるっと1 周!試合日のみ場内となる「Y デッキ」リニューアル

「Yデッキ」は横浜スタジアム外周にあたる人工地盤エリアを、試合日に限り横浜スタジアム場内扱いとすることで、試合観戦者専用エリアが拡大し、回遊性の向上、混雑の緩和が実現します。また、試合開催日以外は誰でも利用できる横浜公園内通路となります。

【場所】
横浜スタジアム外周、人工地盤エリア全域
【運用開始】
2020年3月24日(火)予定
【全長/面積/高さ】
600m(2018年は270m)、7,886 ㎡(2018年 5,039㎡)、6m

「 Y デッキ」上の眺望イメージ
「 Y デッキ」上の眺望イメージ

URL

https://www.baystars.co.jp/news/2020/03/0302_02.php

球場と日常をつなげる“夢のゲート”「DREAM GATE STAND」を新設

「Yデッキ」内の外野スタンド間から横浜スタジアムを見渡せるフォトスポットエリア「DREAM GATE STAND」が誕生します。「スタンド」の間から横浜スタジアムを見渡せることから「DREAM GATE STAND」と名付けられました。

【場所】
横浜スタジアム人工地盤エリア 「 Y デッキ」内 外野スタンド 周辺
【運用開始】
2020年3月24日(火)予定
【開放時間】
試合開催日は開門時間から開始予定
※横浜スタジアムの利用状況により、開始時間が変更となる場合があります
※混雑状況により、滞在時間を制限する場合があります
※エリア内は飲食禁止です
※非試合日の運用は、現状未定です
【終了時間】
:試合開始 30 分前
※試合開催の準備状況により、終了時刻が変更となる場合があります

「DREAM GATE STAND」からの眺望イメージ
「DREAM GATE STAND」からの眺望イメージ

URL

https://www.baystars.co.jp/news/2020/03/0302_03.php

横浜公園の開かれたオフィシャルショップ「BAYSTORE PARK」

横浜公園に面した外観には大部分にガラスを使用し、大きな入口を左右に2か所設け、選手名タオルなど野球観戦が楽しくなるグッズを前面に ディスプレイ。

天井高は 3.6m、売場面積130㎡を有するほか、店舗入口の開口部は左右それぞれ1.8mと開放感があります。

横浜DeNAベイスタ-ズファンだけでなく、横浜公園を通る皆様の目を引き、気軽入れるよう、外からも商品が見えるようなレイアウト。自然光を取り入れた開放的で明るい店内には、新商品やユニフォームなど、野球観戦に欠かせないアイテムを中心に約1,500 点がラインナップします。
【オープン】2020年3月20日(金・祝) 11:00予定
【場  所】横浜スタジアム 場外バックスクリーン下 DREAM GATE 横
※定休日、営業時間につきましては、決定次第、横浜DeNAベイスターズ公式HP内でお知らせします。
※新型コロナウイルス感染状況等に応じて、実施内容は変更の可能性があります。

「BAYSTORE PARK」外観イメージ
「BAYSTORE PARK」外観イメージ
「BAYSTORE PARK」内観イメージ
「BAYSTORE PARK」内観イメージ

URL

https://www.baystars.co.jp/news/2020/03/0309_02.php

新設レフト側スタンドに新店舗 「濱星樓」が 誕生!

横浜スタジアムを略称した「ハマスタ」にあり、高い建物という漢字の意味を持つ「樓」を組み合わせ「濱星樓」と名付けられました。

横浜中華街初監修となる同店舗では、中国定番スパイス 「花椒(ホワジャオ)」が効いた麻婆豆腐など辛さを楽しむ商品や、しっかりと焼き目を入れたこだわりの麺が特徴の具だくさんの海鮮あんかけ焼きそば、店頭の蒸し器で調理をするあつあつの肉まんなど、食べ応えのある逸品が揃います。

スイーツは、生のマンゴーをぜいたくにピューレ にしたマンゴ ー杏仁プリンもご用意。ここでしか味わえない新メニューが提供されます。

【開店日】未定(プロ野球シーズン開幕戦を予定)
【場 所】横浜スタジアム レフト側スタンド 3階
【横浜中華街監修メニュー】
 ①麻婆豆腐 700円/麻婆豆腐丼 1,000円
 ②エビチリ 800円/ エビチリ丼 1,100円
 ③海鮮あんかけ焼きそば 900円
 ④春巻き 1本 400円
 ⑤肉まん 1個350円
 ⑥マンゴー杏仁プリン 450円

※画像はイメージです
※画像はイメージです
※画像はイメージです
※画像はイメージです

URL

https://www.baystars.co.jp/news/2020/03/0316_02.php

「コミュニティボールパーク」化構想とは?

野球が好きな人はもちろん、野球をスタジアムで観戦したことがない人も家族や友人、同僚と気軽に集い、楽しめる場をつくることを目的とし、地域や職場における様々なコミュニティが“野球”をきっかけに集い、コミュニケーションを育むランドマークになりたいという思いを集約した構想。

URL

「コミュニティボールパーク」化構想について

【横浜観光情報】横浜スタジアムの増築・改修工事が2月に完了! 史上最多の34,046人収容が可能に!