日本初の常設都市型ロープウェイ 「YOKOHAMA AIR CABIN」が4/22(木)運行開始!

2021年01月15日更新

日本初の常設都市型ロープウェイ 「YOKOHAMA AIR CABIN」が4/22(木)運行開始!

横浜市都市整備局は、泉陽興業(株)が桜木町駅前と横浜ワールドポーターズ前を結ぶ"日本初"の常設都市型ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)」について、2021年4月22日(木)に運行開始することを発表しました。

このロープウェイの運行開始により、より桜木町駅と新港ふ頭へのアクセス利便性が向上します。また、横浜の魅力的な景観を楽しみながら移動ができます。

【名 称】
 YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)
【運行開始日】
 2021年4月22日(木)
【営業時間】
 10:00~22:00(予定)
【所要時間】
 片道 約5分
 ※混雑状況により短縮する場合あり
【運 賃】
 大人 1,000円
 子ども 500円
【全 長】
 約630m(桜木町駅前~横浜ワールドポーターズ前)
【最大高さ】
 約40m
【ゴンドラの特徴】
・36基(1基の定員:8名)
・バリアフリー対応
・冷房完備
・夜間景観を演出
【事業主体】
 泉陽興業株式会社(よこはまコスモワールド 運営会社)

<お問合せ>横浜市都市整備局企画課 TEL:045-671-2022

詳細/リンク