横浜ベイエリアで連節バス「BAYSIDE BLUE(ベイサイド ブルー)」が7月23日運行開始!

2020年09月22日更新

横浜ベイエリアで連節バス「BAYSIDE BLUE(ベイサイド ブルー)」が7月23日運行開始!

横浜市交通局では、横浜ベイエリアの新たな交通の軸として、横浜駅東口から山下ふ頭までの水際線沿いの主要な施設を結ぶ連節バス「ベイサイドブルー」の運行を2020年7月23日(木・祝)から開始します。

「ベイサイドブルー」は日野自動車が開発した初の国産の連結バスとして、今回4台導入されました。横浜の空と海をイメージする青のボディで環境に配慮した新たな交通手段で“みなと横浜”を楽しむことができます。

あわせて、観光スポット周遊バス「あかいくつ」等の都心臨海部のバス路線について、「ベイサイドブルー」と乗換利便性を高め、より便利に安心して周遊できるよう、運行ルートの変更など環境整備を行います。

【名 称】
 BAYSIDE BLUE(ベイサイド ブルー)
【運航開始日】
 2020年7月23日(木・祝)
【運行概要】
〔ルート〕横浜駅前(東口バスターミナル)~山下ふ頭(下り 5.95km、上り 6.45km)
〔停留所数〕下り 8か所、上り 8か所
〔所要時間〕下り 34~39分、上り 37~42分
〔時間帯〕10時~19時台(運行ダイヤは下記URL参照)
〔運行頻度〕概ね2便/時
〔運 賃〕大人220円、小児110円(各種1日乗車券も利用可能)
〔定 員〕113名

◆「BAYSIDE BLUE」運行開始に伴う都心臨海部バス路線の再編について
「BAYSIDE BLUE」の運行開始にあわせ、都心臨海部の既存バス路線を再編し、「BAYSIDE BLUE」を軸として「ピアライン」「あかいくつ」等との乗換利便性を強化することで、地域の賑わい創出や回遊性促進、また混雑緩和に寄与する便利なバスネットワークを構築します。
※詳しくは下記URLをご覧ください。

<お問合せ>横浜市交通局自動車本部営業課 TEL:045-671-3193

詳細/リンク