朝夷奈切通 (あさいなきりどうし)

2022年01月28日更新

朝夷奈切通 (あさいなきりどうし) | メイン画像

鎌倉七切り通しの一つ。朝夷奈三郎義秀が一夜で切り開いた伝説があり、この名がついたと言われています。

実際には、仁治元年(1240年)に執権北条泰時が鎌倉と六浦を結ぶ六浦道としてみずから指揮をとったものです。

住所 〒236-0034
神奈川県横浜市金沢区朝比奈町峠坂1
電話番号
アクセス ・京急線「金沢八景」駅⇒神奈川中央交通「大船駅行き」で「朝比奈」下車 徒歩3分

※社会状況等により、予告なく営業内容の変更、臨時休業する場合があります。お出かけの際は施設の公式ウェブサイトをご確認いただくか、お電話でお問合せの上、お出かけください。