横浜公園に一面のチューリップが満開! 色とりどりのチューリップ散歩

横浜公園

掲載日:

更新日:

横浜公園のチューリップ
横浜公園のチューリップ

明治9年(1876年)開園、横浜では山手公園に次ぐ2番目に古い公園として知られる横浜公園。“横浜公園”というよりは“横浜スタジアム”といった方が分かる方が多いかも知れません。

その横浜公園といえば、チューリップの名所として知られています。例年、4月上旬から4月下旬まで、約70品種14万球のチューリップが咲き誇ります。

今年は桜同様、例年より少し開花が早いようです。横浜市中区役所が更新する「2021年横浜公園チューリップ通信」によると、4月8日現在、最盛期は少し過ぎたようですが、まだまだキレイなチューリップが楽しめます🌷

#横浜公園チューリップ
#横浜公園
#よこはま花と緑のスプリングフェア
#ガーデンネックレス横浜

①横浜スタジアムの外周エリア広がるチューリップ

チューリップ花壇の場所は、JR「関内駅」南口または、みなとみらい線「日本大通り駅」2出口(スタジアム口)から横浜スタジアムを目指せば、きれいなチューリップが広がっているので、すぐに見つけられます! 横浜スタジアムのバックスクリーン側、といえば分かる方もいるかも知れません。

横浜スタジアムをバックにチューリップを撮影
横浜スタジアムをバックにチューリップを撮影

チューリップは種類ごとに並んでいるので、1種類ずつじっくり鑑賞したり、複数の種類を見渡せるスポットを探して鑑賞したり、縦から、横から、斜めから眺めるなど、楽しみ方は多種多様♪

さまざまな種類のチューリップが開花
さまざまな種類のチューリップが開花

横浜屈指のチューリップ花壇
横浜屈指のチューリップ花壇

好きなチューリップを探しながら鑑賞
好きなチューリップを探しながら鑑賞

②第43回 よこはま花と緑のスプリングフェア 2021 が開催中

横浜公園では4月9日(金)~4月11日(日)まで、山下公園と日本大通りでは4月9日(金)~5月5日(水)まで、「第43回 よこはま花と緑のスプリングフェア 2021」が開催中です。

メイン会場である横浜公園では期間中、「花と緑の作品展示」と「販売コーナー」を実施しています。マスクの着用やこまめな手指消毒、密を避けるなど、感染症対策を講じながら楽しみたいですね。

山下公園の花壇展の様子は後日ご紹介します!

第43回 よこはま花と緑のスプリングフェア 2021
第43回 よこはま花と緑のスプリングフェア 2021

まとめ

横浜を代表するチューリップの名所、横浜公園。平日ランチタイムには近隣のサラリーマンがお弁当を食べに訪れるので、密を避けてランチタイム以外の時間帯がオススメです。屋外ですが、マスクの着用やこまめな手洗いうがい、密な状態を避けるなど、感染症対策しながらお楽しみください。

◆横浜公園 概要
【住所】
 横浜市中区横浜公園
【面積】
 63,787㎡

<お問合せ>横浜市南部公園緑地事務所都心部公園担当 TEL:045-671-3648

URL

【関連情報】横浜公園(観光スポット)について

【イベント情報】第43回 よこはま花と緑のスプリングフェア 2021

【イベント情報】ガーデンネックレス横浜 2021

「横浜観光情報」のサイト運営担当3年目のノンプロカメラマン。

趣味は野球と写真撮影。自前のカメラ機材を駆使して横浜市内の観光スポットに出没します。お気に入りのフォトスポットは、昼は富士山、夜は美しい夜景が望める横浜ランドマークタワー 69階展望フロア「スカイガーデン」や、春の桜や秋の紅葉など、四季が美しい日本庭園「三溪園」など。

横浜発祥の牛鍋やナポリタン、ビールはもちろん、甘いもの好き。

ジョーの記事一覧