おうちで3D&VR パシフィコ横浜国立大ホール バーチャル内覧会

2021年03月09日更新

おうちで3D&VR パシフィコ横浜国立大ホール バーチャル内覧会 

パシフィコ横浜では、東日本唯一の国立の国際会議場である「国立大ホール」の内部を歩くように、360°自由に見ることができる「おうちで 3D&VR パシフィコ横浜国立大ホール バーチャル内覧会」を開催します。

同企画は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、外出や移動が制限されているなか、高精細の 5G 対応 3D ビュー&VR 画像によりオンラインで一般公開します。「国立大ホール」は、1994年の開業以来、「国連防災の 10 年世界会議」、「2010 年日本 APEC 首脳会議」、「アフリカ開発会議」などの政府系国際会議から、コンサートや入学式・卒業式など、数々のイベントの舞台となってきたパシフィコ横浜を代表する施設です。海をモチーフにした美しい内装やアートワークだけではなく、普段見ることのできない VIP 室や舞台裏なども閲覧可能です。また、ギリシャ神話の世界が描かれた平山郁夫画伯下絵による大ステンドグラスは、現在休止中となっている“一般公開”の代わりに楽しむことができます。

開催日 2021月3月5日(金)~2022年3月31日(木)
場 所 オンライン(パシフィコ横浜 公式ホームページ)
エリア その他エリア
料 金 観覧無料
【見どころ】
約 5,000 席の国内最大級の国際会議場。二枚貝をイメージした外観の、パシフィコ横浜のメイン施設です。フレキシブルな可動式舞台機構により、国際会議はもちろん、コンサート、記念式典、企業インセンティブなど様々なイベントで利用されます。

エントランスロビーには、星座を描いた美しいステンドグラスがあり、マリンロビー、ホールと館内に進むにつれ、海の中に入っていくような、デザインが随所に施されています。全面ガラス張りのシーサイドロビーからは横浜港の美しいパノラマが臨めます。

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

お問合せ パシフィコ横浜 総合案内
電話番号 045-221-2155
URL
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。