三溪園 菊花展

2020年10月22日更新

※こちらのイベントは終了しております。

三溪園 菊花展 

古都の風情が漂う日本庭園“三溪園”では、2020年10月26日(月)から11月23日(月・祝)まで「第57回 菊花展」を開催します。

大菊・懸崖・古典菊・江戸菊・小菊盆栽など、種類の豊富さ、質の高さは県内随一。横浜の愛好家が丹精込めて育てた多種多様な花を楽しむことができます。また、園内で唯一、常時内部を公開している合掌造りの古民家・旧矢箆原家住宅(重要文化財)では、フラワーデザイナー五十嵐道子氏による建物内の古民具を花器に見立てた「菊の生け込み」を展示。山里の雰囲気が漂う古民家で、菊の新しい魅力を感じられるイベントです。

開催日 2020年10月26日(月)~11月23日(月・祝)
時 間 9:00~16:00
場 所 三溪園(①中央広場、②正門藤棚広場、③旧矢箆原家住宅)
エリア 金沢・本牧・根岸エリア
料 金 観覧無料(入園料のみで観覧可能)

※入園料:大人(高校生以上) 700円、こども(小中学生) 200円
【内 容】
①中央広場
・三溪園菊花展・横浜菊花展示会
 「盆養七本立て・三本立て」「懸崖」「千輪作り」「江戸菊」「古典三菊」「切り花」など、総計 約400点
・苗の販売・園芸相談

②正門藤棚広場
 「大盆景」「盆景」「小菊盆栽」など、総計 約70点

③旧矢箆原家住宅
・菊花の生け込み
 床の間や式台玄関などに生け込みを展示。総計 約5~10点

【関連イベント】
◆菊花の生け込み
〔展示期間〕11月7日(土)~11月23日(月・祝) 9:00~16:30
ラワーデザイナー五十嵐 道子氏(装飾技能士1級。横浜生まれ。横浜育ち。オーダーメイド花屋包 kurumiを経営)による「菊花の生け込み」を、今年も常時内部を公開している旧矢箆原家住宅(重要文化財)に展示します。

その時にしか手に入らない素材を巧みに利用する作風で、昨年は台風により折れてしまった梅の古木を作品作りに活かしました。今年は庭園管理の中で捨てられてしまう枯れた松の枝などの素材を利用し作品を作り上げます。

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

お問合せ 公益財団法人 三溪園保勝会
電話番号 045-621-0634
URL
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)