【ビール女子体験レポ】「ビアバイク」で横浜をクラフトビールの街に!

横浜ビール「驛の食卓」/「QUAYS pacific grill(キーズ パシフィック グリル)」

掲載日:

更新日:

【ビール女子体験レポ】「ビアバイク」で横浜をクラフトビールの街に!
【ビール女子体験レポ】「ビアバイク」で横浜をクラフトビールの街に!

株式会社横浜ビールは、自転車をこぎながらビールを楽しむ「ビアバイク」を活用し、2021年10月から「醸造所見学付きのビアバイクツーリズム」を、2022年1月から宿泊付きの「ナイトビアバイクツアー」を横浜・みなとみらい周辺で順次開催します。

オランダ発祥のビアバイクは、自転車とビアカウンターを組み合わせた乗り物で、ビールを飲みながら複数の人数が座席下にあるペダルを漕ぐことを動力として走ります。エンジンがないため自転車と同類の軽車両扱いで、ナンバープレートなしで公道を走ることができます。

今回新たに登場したツアーは、ビールの醸造所が徒歩圏内に複数ある“日本のビール発祥の地”横浜だからこそ実現した、複数の醸造所を見学できるツアーで、日本で唯一のプランです!(2021年11月現在)

ツアーの開催に先駆けてメディア体験会が行われ、プロフィールにも記載するほどビール好きの筆者が一足先に体験してきましたので、その様子をレポートします。

🍺ビアバイクって何?

ビアバイクは、自転車とビアカウンターを組み合わせた乗り物。オランダ発祥で、アメリカやブラジル、チェコなど世界20か国で走っています。

横浜を走るビアバイクは、ペダルを漕ぐ乗客6名のほか、運転手、ガイド、そして雰囲気を盛り上げてくれる演奏家が乗車します。

ビアバイク
ビアバイク
生演奏で盛り上げます!
生演奏で盛り上げます!

通常の自転車は、アルコール摂取後の利用は禁止されていますが、ビアバイクは、飲酒をしない運転手がハンドルとブレーキを操作し、乗客6名はペダルを漕ぐのみのため、飲酒運転にはならない、という仕組み!
※ハンドルとブレーキを操作する運転手はスタッフ。

日本では2021年11月現在、8台のビアバイクがありますが、今回参加するのは、ビアバイクで公道を走れる、国内唯一のツアーです!

走行速度は、早歩き程度の時速約5キロなので、ビールを飲みながら、みなとみらいの景色をゆっくりと楽しめます。

運転席
運転席
ビアバイクから眺めるみなとみらいの景色
ビアバイクから眺めるみなとみらいの景色

ただ、漕ぎ始めや坂道は、やや頑張りが必要です。頑張り時は、運転手やガイド、演奏家の皆さんが盛り上げてくれるので、楽しく頑張れます。乗り合わせた方との絆も深まること間違いなし!

テーブルには、ビールのカップを入れるカップホルダーがあるので、漕ぐのに一生懸命になっても、カップを倒してしまったり、こぼしてしまったりする心配はありません!

カップホルダーがあるので安心!
カップホルダーがあるので安心!

🚲日本で唯一! 醸造所見学ビアバイクツアー

2021年12月から来年3月までの間、以下の3種類のプランが予定されています。

YOKOHAMAミッドナイトHAR★BARビアバイク
2ヵ所のブルワリー⾒学付きビアバイクツーリズム
横浜の旅⾏会社とコラボ企画プラン

今回、筆者が体験してきたのは、②2ヵ所のブルワリー⾒学付きビアバイクツーリズム。

なんと、ブルワリー(ビール醸造所)の見学が付いたビアバイクのツアーは、日本で唯一のプラン! これは、醸造所が近距離に複数ある横浜だから実現できる内容なのだそうです。

早速、早めに仕事を切り上げて、集合場所の横浜ビール「驛の食卓」(JR線「桜木町」駅 徒歩3分)へ!

「驛の食卓」前に止まるビアバイク
「驛の食卓」前に止まるビアバイク

ツアーは横浜ビールの醸造所見学から始まります。

現在、横浜市内に10か所程度あるビール醸造所のなかで最も歴史のある横浜ビール。原料となる麦やホップの役割の違いや、組み合わせによって味が変わることなどの説明を聞きながら、味の違いをしっかりと学ぶため、3種類ビールを試飲できます。ビアバイクを漕ぐ前のエネルギーチャージ!

麦の違いを見て・食べて学びます
麦の違いを見て・食べて学びます
楽しい楽しい試飲の時間
楽しい楽しい試飲の時間

ビールを作る釜や瓶に詰める機械などを間近で見ることができるので、匂いや温度を感じられ、楽しくビール作りの工程を学ぶことができます。

チェコ製の仕込み釜
チェコ製の仕込み釜
瓶に詰める機械
瓶に詰める機械

見学を終えたら、いよいよビアバイクへ!

横浜ビールから、次の見学ポイントである横浜ハンマーヘッド内の「QUAYS pacific grill(キーズ パシフィック グリル)」(みなとみらい線「馬車道」駅 徒歩10分)に向けて進みます。

ペダルはだいぶ軽いですが、一生懸命漕がないと前に進めないので、誰かが頑張る、ではなくみんなで頑張ることが大切です!

横浜ビールを片手に頑張って漕ぎます!
横浜ビールを片手に頑張って漕ぎます!
座席からの目線
座席からの目線

15分ほど走行し、万国橋で小休憩をはさみます。

夜景がとってもきれい!
夜景がとってもきれい!

休憩の後、さらに15分ほど走行すると、目的地に到着!

横浜ハンマーヘッド到着!
横浜ハンマーヘッド到着!

「QUAYS pacific grill」には、横浜市内で最も新しいビール醸造所「NUMBER NINE BREWERY(ナンバー ナイン ブリュワリー)」があります。

「QUAYS pacific grill」
「QUAYS pacific grill」
夜景と発酵タンク
夜景と発酵タンク

こちらでは、3種類の試飲ができます!
横浜ビールとはまた違った麦やホップを使っているので、色や香りの違いを感じられました。

味の異なる3種類を楽しめます
味の異なる3種類を楽しめます
モルトの香りを嗅いでみます
モルトの香りを嗅いでみます

💡こちらもオススメ! イベント連動プランと宿泊プラン

今回体験した醸造所見学ツアーのほか、「YOKOHAMAミッドナイトHAR★BAR」との連動プラン、そして宿泊がセットになったプランもあります。

宿泊プランのステイ先「ホテルエディット横濱」
宿泊プランのステイ先「ホテルエディット横濱」
ゆったりとした客室
ゆったりとした客室

📝まとめ

いかがでしたか。

みなとみらいの景色を存分に楽しみながらおいしいビールが味わえる「ビアバイク」。たくさんの試飲付き醸造所見学もできて、ビールについて楽しく学べる大満足プランです!

今回は体験ということで、はじめましての方々と同乗しましたが、一緒にビアバイクを漕ぎ、自然と仲間意識が芽生えました!

家族・友人と乗ったら、さらに絆が深まること間違いなし! 横浜の新たな楽しみ方として、ビール好きなあなたにとってもオススメなプランです。

※20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。

<概要>

①YOKOHAMAミッドナイトHAR★BARビアバイク
【⽇程】12⽉4⽇、11⽇/一日4便
【予約】Peatixで予約する
【料金】5,000円/1名

②2ヵ所のブルワリー⾒学付きビアバイクツーリズム
【⽇程(1)】12⽉25⽇、1⽉22⽇、23⽇/一日4便
 〔予約〕Peatixで予約する
【⽇程(2)】2⽉26⽇、27⽇、3⽉26⽇、27⽇/一日4便
 〔予約〕Peatixで予約する
【料  金】5,000円/1名

③横浜の旅⾏会社とコラボ企画プラン
【⽇程】1⽉15⽇、2⽉5⽇、2⽉12⽇、3⽉5⽇、3⽉12⽇
【予約】女子バス旅サイトで予約する
【料金】
 〔デイプラン/⾦曜宿泊/⾷事なし〕16,000円/1名
  ※含まれるもの:ビアバイク乗⾞(横浜ビール 醸造所見学あり)、宿泊(2名1室利⽤)、エアキャビン乗⾞
 〔ナイトプラン/⼟曜宿泊/⾷事あり〕24,000円/1名
  ※含まれるもの:ビアバイク乗⾞(横浜ビール 醸造所見学あり)、宿泊(2名1室利⽤)、エアキャビン乗⾞、キーズ様でのお⾷事
 〔⽇帰りプラン〕5,000円/1名
  ※含まれるもの:ビアバイク乗⾞(ハンマーヘッドNUMBER NINE BREWERY醸造所⾒学あり)

※全てPeatixによる事前予約制

<お問合せ>各予約サイトの「主催者へ連絡」ボタンからお願いします。

URL

【公式】横浜ビアバイク

平成生まれ女子・横浜カラー強めの東京都出身
ちょっと自慢は手話、スキー。好きなものは、旅行、楽しいドラマ・映画、大どんでん返しがある小説、大自然の中でのアクティビティ、ご当地ビールとハンバーグ。
横浜ファンの皆さんに、ワクワクするような情報をお届けします!

【Facebook】https://www.facebook.com/welcome.city.yokohama
【Twitter】https://twitter.com/hamako_yokohama
【Instagram】https://www.instagram.com/yokohama_visitors_guide/

もえの記事一覧