横浜の景色とイチゴを堪能できる横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ「ストロベリースイーツブッフェ2021」

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ 28階 スカイラウンジ「ベイ・ビュー」

掲載日:

更新日:

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ「ストロベリースイーツブッフェ2021」
横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ「ストロベリースイーツブッフェ2021」

春に味わいたいスイーツといえば、なんといっても🍓イチゴ🍓を使ったスイーツ! 横浜の多くのレストランやカフェでもストロベリーフェアが開催されています(横浜でたのしむ いちご特集2021をご覧ください♪)。 今回はその中から、横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ最上階(28階)にあるスカイラウンジ「ベイ・ビュ」で開催中の「ストロベリースイーツブッフェ2021」をご紹介します。

毎回大好評のこのブッフェですが、今年は佐賀県の新しいブランドいちご「いちごさん」をすべてのストロベリースイーツに使用。

「ストロベリーパフェ」や「苺のシュークリーム」などのストロベリースイーツ18種、サイドメニュー 14種、ドリンク 6種が平日5,500円、土日祝5,700円で全て食べ放題となっています。
※サイドメニューの「国産牛サーロインのローストビーフ手鞠寿司風」のみ1人2貫限定
※プレミアムストロベリー 福岡県産「あまおう」は別料金

なお、今年は感染症対策のため、通常のブッフェ形式ではなく、自身のスマートフォンから注文できる、モバイルオーダー形式を初導入しています。

#横浜ベイシェラトン
#ストロベリースイーツブッフェ
#いちご食べ放題

1.見た目も美しいSNS映えするストロベリースイーツ

ベイ・ビューストロベリースイーツブッフェは例年、ブッフェ台に勢揃いしたスイーツの写真が撮れる「フォトタイム」が設けられていますが、今年は密回避のために実施せず…(残念)

その代わり、スタッフがサーブするために設置されているフード台のスイーツを、少し遠くから眺めたり写真を撮ったりすることができるスペースが設けられています。

スイーツが並ぶブッフェ台(手前に設置されたロープの後ろから撮影)
スイーツが並ぶブッフェ台(手前に設置されたロープの後ろから撮影)
左から苺のゼリー、ストロベリーロマノフ
左から苺のゼリー、ストロベリーロマノフ

ブッフェ台を眺めているだけでも、どれも美味しそうで胸が高鳴ります。ドリンクを取りにいくついでに、ブッフェ台で何を食べるか決めても良し、スイーツの写真を撮っても良し。密を避けながら楽しみましょう♪

※ブッフェ台に並ばないメニューもあります

ストロベリーショートケーキ
ストロベリーショートケーキ
苺のミルフィーユ
苺のミルフィーユ

ストロベリーモンブラン
ストロベリーモンブラン
バラのパウンドケーキ
バラのパウンドケーキ

ドリンクのみセルフサービスとなっており、ストロベリーシェイク、コーヒー(ホット・アイス)、アイスティー、紅茶3種(ロンネフェルト)、ウーロン茶、オレンジジュース、グレープフルーツジュースから好きなだけ選べます。

ドリンクコーナーはセルフサービス
ドリンクコーナーはセルフサービス

2.自分のスマホで注文できるオーダー式スイーツブッフェ

本フェアでは、同ホテル2階のオールデイブッフェ「コンパス」で昨年導入以来好評のモバイルオーダー方式を採用しています。

各テーブルに用意されたQRコードを自身のスマートフォンで読みこむと、画面上にメニューが表示されます。そのなかから、食べたいスイーツを選んでカートに入れ注文すれば、スタッフが順次、テーブルにサーブしてくれます。

注文は1グループ、一度に5種類10皿までの制限がありますが、ブッフェ台に取りにいかなくて済むので、ゆっくりブッフェが楽しめる嬉しいサービスです♪
※営業時間は15:00~17:00(ラストオーダー16:30)です。

◆メニューは<こちら>をご参照ください。

各テーブルに用意されたQRコードをスマートフォンで読み込み
各テーブルに用意されたQRコードをスマートフォンで読み込み
ウェブ画面に表示されるメニューから食べたいものを選んでオーダー
ウェブ画面に表示されるメニューから食べたいものを選んでオーダー

オーダーしたスイーツは料理スタッフがきれいに盛り付けをしてから運ばれてきます
オーダーしたスイーツは料理スタッフがきれいに盛り付けをしてから運ばれてきます

3.スイーツだけじゃない! こだわりのサイドメニューにも大満足

まずオーダーしたメニューはこちら!

(中央手前から時計回りに)ストロベリーショートケーキ、フルーツグラタン、アイスクリーム 苺 バルサミコクリーム、チキンと野菜のラップサンド、スパゲッティナポリタン
(中央手前から時計回りに)ストロベリーショートケーキ、フルーツグラタン、アイスクリーム 苺 バルサミコクリーム、チキンと野菜のラップサンド、スパゲッティナポリタン

(手前左から時計回りに)クレープシュゼット ストロベリー、苺とトマト モッツァレラチーズのサラダ、ストロベリーソルベ マスカルポーネのエスプーマで、本日のスープ
(手前左から時計回りに)クレープシュゼット ストロベリー、苺とトマト モッツァレラチーズのサラダ、ストロベリーソルベ マスカルポーネのエスプーマで、本日のスープ

(中央奥から時計回りに)フレッシュストロベリー(5粒)、ストロベリーパフェ(目の前でソースをかけてくれます)、ストロベリーロマノフ、苺大福、苺のミルフィーユ、国産牛サーロインのローストビーフ”手毬寿司風”
(中央奥から時計回りに)フレッシュストロベリー(5粒)、ストロベリーパフェ(目の前でソースをかけてくれます)、ストロベリーロマノフ、苺大福、苺のミルフィーユ、国産牛サーロインのローストビーフ”手毬寿司風”

今回はイチゴがメインなので、ストロベリースイーツを中心にオーダーしようと入店前までは考えていました。通常、サイドメニューというと、サンドイッチやポテトといった軽食のようなメニューがラインナップすることが多いためです。しかし、本フェアではサイドメニューもかなりこだわりを感じる内容となっており、見逃せません!

苺とマスカルポーネのピザ
苺とマスカルポーネのピザ
苺のシュークリーム
苺のシュークリーム

自家製パテ・ド・カンパーニュのサンドイッチ」や「国産牛サーロインのローストビーフ手毬寿司風」がおすすめと料理長に伺ったのでオーダー(ポチッ)

自家製パテ・ド・カンパーニュのサンドイッチ」は、フレンチシェフが食べ応えのあるパンの間にホテル自慢のパテ・ド・カンパーニュ(フランス語で“田舎風パテ”の意味)をサンドした一品。「サイドメニュー」と呼ぶにはもったいなさすぎる絶品メニューです。

また、1人2貫のみオーダー可能な「国産牛サーロインのローストビーフ手毬寿司風」は、国産牛のうまみが口の中で広がる贅沢な一品。

自家製パテ・ド・カンパーニュのサンドイッチ
自家製パテ・ド・カンパーニュのサンドイッチ
国産牛サーロインのローストビーフ“手毬寿司風”(1人2貫限定)
国産牛サーロインのローストビーフ“手毬寿司風”(1人2貫限定)

横浜発祥の「スパゲッティ―ナポリタン」も料理長おすすめと聞いたのでオーダーしてみました。トマトケチャップと、隠し味にバターを入れているナポリタンは、コクと風味が心地よい、是非食べて頂きたい一品です。

ブッフェに備えて昼食を抜いてきたという方、サイドメニューが美味しすぎてストロベリースイーツが入らない、なんてことがないように要注意!

スパゲッティーナポリタンはバターが隠し味の人気の一品
スパゲッティーナポリタンはバターが隠し味の人気の一品

プレミアムストロベリー 福岡県産「あまおう」

本フェアでは、オプションメニューが1つあります。それがプレミアムストロベリー 福岡県産「あまおう」(税抜1,650円)です。

かい
るい
おきい
まい

の頭文字をとって「あまおう」と名付けられた“いちごの王様”とも称されるブランドいちご。氷とドライアイスの上に、ドドーンと大粒の「あまおう」が4粒のせられた状態でサーブされます!

ドライアイスに動きがあるので、写真よりも動画の方が映えるかも知れません。ストロベリースイーツで使用されている「いちごさん」と比べると一回りも二回りも大きく、ジューシーな「あまおう」はいちご好きの方に是非味わってもらいたい一皿です!

※仕入れの状況によって苺の品種が変わる場合があります。

氷とドライアイスが敷かれた大皿にのった大粒の「あまおう」
氷とドライアイスが敷かれた大皿にのった大粒の「あまおう」
大粒の「あまおう」はとても一口では食べられませんでした。食べごたえ十分!
大粒の「あまおう」はとても一口では食べられませんでした。食べごたえ十分!

「横浜観光情報」Youtubeチャンネル

4.ベイ・ビューの立地は?

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズは横浜の玄関口といわれるターミナル駅 「横浜駅」西口駅前に立地するラグジュアリーホテルです。

本フェアの会場であるスカイラウンジ「ベイ・ビュー」はホテル最上階(28階)に位置し、横浜駅越しに横浜港や横浜ベイブリッジを一望できる人気のラウンジです。窓の向こうに広がる景色は日中はもちろん、ディナータイムは夜景が目の前に広がる優雅な雰囲気漂うラウンジとなり、選りすぐりの銘酒やカクテルを生演奏とともに楽しめるほか、フレンチのコースも楽しめます。

28階にはスカイラウンジ「ベイ・ビュー」と鉄板焼「さがみ」があります
28階にはスカイラウンジ「ベイ・ビュー」と鉄板焼「さがみ」があります
ベイ・ビューからは横浜駅や再開発の進む新高島エリアの景色が一望できます
ベイ・ビューからは横浜駅や再開発の進む新高島エリアの景色が一望できます

ベイ・ビューでは高級感のある座り心地の良いソファでブッフェが楽しめます
ベイ・ビューでは高級感のある座り心地の良いソファでブッフェが楽しめます

5.まとめ

ホテル最上階ラウンジのゆったりしたソファ席で、モバイルオーダー方式で注文できるので、例年よりラグジュアリー感が楽しめるベイ・ビューのストロベリースイーツブッフェ2021

佐賀県の「いちごさん」を使ったスイーツはもちろん、サイドメニューも大満足なブッフェでした。平日は主婦や学生などの女性客、週末はファミリー層やカップルが多いそうですが、男性にもおすすめです。

2021年3月31日(水)まで開催中です。大人気のスイーツブッフェなので、予約はお早めに!

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ エントランス
横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ エントランス

◆ストロベリースイーツブッフェ2021 概要

【開催日】2021年1月13日(水)~3月31日(水)
【時 間】15:00~17:00(LO16:30)
【場 所】横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ 28階 スカイラウンジ「ベイ・ビュー」
【料 金】
 平 日:大人5,500円、子ども3,850円
 土日祝:大人5,700円、子ども4,000円
 ※サービス料・税金込み/子ども 4歳~12歳

<予約・お問合せ>横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ レストラン総合予約 TEL:045-411-1188(10:00~18:00)

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ 外観
横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ 外観

URL

【公式】横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ スカイラウンジ「ベイ・ビュー」ウェブサイト

【関連情報】フレッシュ苺も食べ放題「ストロベリースイーツブッフェ2021」

「横浜観光情報」のサイト運営担当3年目のノンプロカメラマン。

趣味は野球と写真撮影。自前のカメラ機材を駆使して横浜市内の観光スポットに出没します。お気に入りのフォトスポットは、昼は富士山、夜は美しい夜景が望める横浜ランドマークタワー 69階展望フロア「スカイガーデン」や、春の桜や秋の紅葉など、四季が美しい日本庭園「三溪園」など。

横浜発祥の牛鍋やナポリタン、ビールはもちろん、甘いもの好き。

ジョーの記事一覧