横浜中華街 2021端午節

2021年06月09日更新

横浜中華街 2021端午節 

横浜中華街発展会協同組合では、2021年6月7日(月)から7月7日(水)まで、中華の伝統文化行事である「横濵中華街 2021端午節」を開催します。

端午の節句の起源とされる「端午節」は、「春節」「中秋節」と並んで中華三大節句のひとつで、旧暦5月5日(2021年は6月14日)に行われます。これは戦国時代、楚の政治家であり詩人であった屈原(くつげん)が国を憂いて身を投げた川、汨羅江(べきらこう)にちまきを投げ入れて供養したことに始まっています。

期間中は、飲食店を中心に、端午節のお祝いメニュー(ちまきや茶葉蛋(茶たまご)など)が楽しめ、6月7日から7月7日までの期間中では、ChinaTown80ホールと九龍陳列窓にて、その起源や端午の「ちまき」など、端午節について楽しく気軽に知ることができる展示を行います。

開催日 2021年6月7日(月)~7月7日(水)
場 所 横浜中華街
エリア 元町・山手・中華街・山下公園エリア
【内 容】
①端午節のパネル展示
端午節に欠かせない「龍」のオブジェとともに、端午節のパネル展示をします。また、だれでも自由に短冊に願い事を書くことができるように笹を設置し、書いた短冊は、7月7日(水)に横濱媽祖廟で開催の「良縁祭」にて、「短冊に願いを込めて・横浜中華街の七夕様」としてお焚き上げします。(短冊記入締切は7月6日(火))
〔場所〕ChinaTown80ホール
〔時間〕10:00~19:00(金土祝前日は20:00まで、期間中無休)

②九龍陳列窓の展示
端午節のちまきの起源と、様々なちまきを紹介します。
〔場所〕九龍陳列窓(横浜市中区山下町240)
(協力:横浜中華街「街づくり」団体協議会)

③地元地域の子供たちへ、こどもの日をお祝い
子どもから大人への節目の学年である小学校6年生の子どもたちに、横浜中華街からささやかなこどもの日のお祝いをします。端午節についての紹介資料と「ちまき」の引換券をお渡しし、こどもの日のお祝いとともに、中華の伝統行事「端午節」を体験してもらいます。
〔対象〕横浜市中区の対象の小学校に通う小学6年生(約1,000名)

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

お問合せ 横浜中華街発展会協同組合 事務局
電話番号 045-662-1252
受付時間 (土日祭日は休み)
URL
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)