横浜で観る、日本の月「三溪園 観月会」

2021年09月17日更新

横浜で観る、日本の月「三溪園 観月会」 

横浜の名勝庭園“三溪園”では、2021年9月18日(土)から9月23日(木・祝)まで「観月会」を開催します。

三重塔をはじめ、ライトアップされた歴史的建造物がたたずむ空間に、風情あふれる音の演出が加えられます。今年は、筝曲や琵琶、サックスとピアノなどの恒例の演目に加えて、横浜みなとみらいホールのプロデュースによるリュートと日本舞踊の上演も予定しています。

横浜で、情緒たっぷりのお月見を楽しむことができます。

開催日 2021年9月18日(土)~9月23日(木・祝)
※2021年の中秋の名月・満月は9月21日
時 間 日没~21:00(入場は20:30まで)
※開園時間は9:00~21:00
場 所 三溪園
エリア 金沢・本牧・根岸エリア
料 金 【入園料】
 大人(高校生以上)700円
 こども(小中学生)200円
◆三溪園でのお月見ポイント
①和の情緒たっぷりのお月見を楽しめる
夜空に輝く中秋の名月のもと、古建築や庭園のライトアップによる、幻想的な和の風情たっぷりの景観を堪能できます。

②重要文化財 旧燈明寺本堂で日本舞踊や楽曲演奏の上演
日替わりで開催。とくに今年初の上演となる「リュートの演奏と日本舞踊」は、横浜みなとみらいホールプロデュースで開催します。
※鑑賞席は一部有料で販売予定

【演奏スケジュール】
〔時間〕開催日により異なる
〔会場〕三溪園 内 旧燈明寺本堂(舞台) ※鑑賞は本堂前の広場にて
 9月18日(土) 和洋邂逅《リュートが奏でる、月下の舞》
 9月19日(日) 箏曲
 9月20日(月・祝) 和洋邂逅《リュートが奏でる、月下の舞》
 9月21日(火) サックスとピアノで奏でる日本の唄~世界の唄
 9月22日(水) 薩摩琵琶
 9月23日(木・祝) 横浜和楽器アンサンブル
 ※スケジュールは予告なく変更される場合があります。

③日中は初秋の園内をのんびり散策&三溪記念館で美術品の鑑賞
三溪園にある歴史的建造物の中で、三重塔と並ぶ代表的な建物が臨春閣です。江戸時代初期、紀州徳川家の別荘として築造されたといわれるこの建物は平成30年から重要文化財の保存修理工事で、その姿をご覧いただけませんでした。このほど、屋根の葺替え工事が終わり周囲の覆いが取れ、外観を観覧できるようになりました。

三溪記念館では、第一展示室で「四季のうつろい―月」と題して、名所の月、冬の月、描かれていない月など月をテーマとした、原三溪、横山大観、下村観山による作品を紹介。また、第二展示室には「臨春閣 天楽の間―月と音楽」と題して、狩野安信「四季山水図」や豊臣秀吉の側室・淀君使用と伝えられている四弦琵琶なども展示します。

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

お問合せ 公益財団法人 三溪園保勝会
電話番号 045-621-0634
URL
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)