横浜赤レンガ倉庫に恐竜アートが登場! 恐竜とアートのコラボ展「Gr8!こぶりな恐竜展」の楽しみ方

横浜赤レンガ倉庫 1号館 2階スペース

掲載日:

更新日:

横浜赤レンガ倉庫に恐竜アートが登場! 恐竜とアートのコラボ展「Gr8!こぶりな恐竜展」の楽しみ方
横浜赤レンガ倉庫に恐竜アートが登場! 恐竜とアートのコラボ展「Gr8!こぶりな恐竜展」の楽しみ方

横浜赤レンガ倉庫1号館2階スペースで、ストリートアートと恐竜がコラボレーションした展示会「Gr8!こぶりな恐竜展」が2021年9月4日(土)に開幕しました。

恐竜展といえば、パシフィコ横浜で9月12日(日)まで開催中の「DinoScience 恐竜科学博」も話題となっていますが、この展示会も一味違った切り口で恐竜の魅力を紹介しています。

Gr8!こぶりな恐竜展」という名称、“Gr8”はgreat、“こぶりな”は恐竜博の展示会としては、という意味で、恐竜の魅力をストリートアートによって表現するというのは初の試みだそうです。

本稿では、10月10日(日)まで約1か月間開催されるこの展示会の魅力を3つご紹介します。

#こぶりな恐竜展
#恐竜アート
#横浜赤レンガ倉庫

🦖 ①恐竜の生態や進化、研究の最前線まで学べる

本展は、恐竜研究者である北海道大学総合博物館の小林快次(こばやしよしつぐ)教授が監修し、6つの章に分けて恐竜の魅力を紹介しています。

第1章 恐竜時代の水辺
映画『ジュラシック・ワールド』でサメを丸呑みする姿が印象的だった巨大なトカゲの仲間「モササウルス」の歯の化石や、日本でも歯の化石が見つかっている「スピノサウルス」について紹介するエリア。

恐ろしい捕食者が「ティラノサウルス」以外にもいたことが分かります。

ワニのような容姿で海を泳ぎまわっていた「モササウルス」
ワニのような容姿で海を泳ぎまわっていた「モササウルス」
スピノサウルスの歯
スピノサウルスの歯

第2章 植物食のスペシャリストたち
恐竜時代にもっとも繁栄し、子どもにも人気な恐竜である、「トリケラトプス」や「エドモントサウルス」などの植物食恐竜。パシフィコ横浜の「DinoScience 恐竜科学博」でもトリケラトプスの“レイン”が人気を博していますね。この章では恐竜時代にも生息していた植物やその化石なども紹介しています。

第2章 植物食のスペシャリストたち
第2章 植物食のスペシャリストたち
恐竜時代にも生息していた植物やその化石
恐竜時代にも生息していた植物やその化石

第3章 格闘恐竜
この第3章が今回の展示会の目玉であるゴビ砂漠で発見された「格闘恐竜」の化石です。小型の肉食恐竜ヴェロキラプトルと小型の植物食恐竜プロトケラトプスが絡み合ったまま保存された躍動感のある「化石」です。

ゴビ砂漠で発見された「格闘恐竜」の化石
ゴビ砂漠で発見された「格闘恐竜」の化石
ザナバザールの頭骨の化石標本
ザナバザールの頭骨の化石標本

第4章 肉食のスペシャリスト ティラノサウルス
肉食恐竜の中でも絶大な人気を誇る「ティラノサウルス」。ここでは巨大なティラノサウルス“スタン”の半身骨格が展示されています。巨大な頭部や鋭い爪など、迫力満点の肉食恐竜です。“スタン”もトリケラトプスの“レイン”同様にパシフィコ横浜の恐竜展で注目を浴びていましたね。

巨大なティラノサウルス“スタン”の半身骨格
巨大なティラノサウルス“スタン”の半身骨格
ティラノサウルスの大腿骨や足の化石
ティラノサウルスの大腿骨や足の化石

第5章 恐竜から鳥へ
恐竜は鳥へと進化していったことが分かっています。“最初の鳥”である「始祖鳥」も展示されています。

テリジノサウルスの前あし
テリジノサウルスの前あし
始祖鳥の化石標本
始祖鳥の化石標本

第6章 恐竜の色の復元・研究の最前線
恐竜の色が化石に残された羽毛から分かったことを紹介しています。また、実物のティラノサウルスの大腿骨とともに最新の恐竜研究にも触れています。

ティラノサウルスの大腿骨(実物化石)
ティラノサウルスの大腿骨(実物化石)

🦕 ②イキイキとした恐竜のストリートアートを楽しむ

この展示会では恐竜の化石の展示はもちろん、恐竜の魅力をストリートアートで表現するアーティストであるYOICHIRO氏公式Instagram)が制作した12の恐竜アートを展示しています。

イキイキと描かれている作品は、恐竜の迫力を感じるものから、ポップでアーティスティックなものまで、見ている人を楽しい世界に誘います。展示されている恐竜の化石と同じ種類の恐竜アートが描かれているのも印象に残りやすいポイントです。

すでに上でチラッと見えている作品もありますが、ここでは筆者が気に入った2つの作品をご紹介します。

会期前に作品を仕上げるYOICHIRO氏
会期前に作品を仕上げるYOICHIRO氏

まずはトリケラトプス。トリケラトプスの顔が一部は化石なのに、つぶらな瞳とカラフルな頭でポップながらも愛嬌のある作品だなと感じました。

トリケラトプス
トリケラトプス

もう一つは白亜紀後期に生息していたといわれる「ドロマエオサウルス」。名前が「走るトカゲ」という意味を持つそうですが、鳥のようなくちばしに小さいながらも鳥のような羽を持ち合わせる、まさに恐竜から鳥への進化の途中形態のような姿。

その化石標本とYOICHIRO氏のアートが躍動感を感じさせ、恐竜時代を想像させるような印象的な作品でした。

この他にもティラノサウルスの迫力のあるアート作品などが展示されています。

ドロマエオサウルス
ドロマエオサウルス

✋ ③恐竜の化石を触れる?! 見るだけでなく感じられる展示

恐竜の化石といえば、貴重なものだから通常の展示会なら触ることなんてできませんが、この展示会は一部の化石は触ることができます!

コロナ禍なので手指消毒はこまめにしながら、細心の注意を払う必要はありますが、子どもはもちろん、大人にとっても、恐竜を肌で感じることができる貴重な体験をすることができます。

モササウルスの歯
モササウルスの歯
恐竜の色を復元してみよう(恐竜の彫刻にペンで絵を描くことができます)
恐竜の色を復元してみよう(恐竜の彫刻にペンで絵を描くことができます)

📔 ④まとめ

いかがでしたか。恐竜展」といえば”夏のイベント”「恐竜展」といえば“化石の展示”とイメージする人が多いと思います。

また、タイトルが「Gr8!こぶりな恐竜展」なので、展示作品がこぶりなのかな、と思いましたが、“恐竜展としては小規模”というだけで、これまでの恐竜展とはひと味違うストリートアートと恐竜のコラボ展です。

「Gr8!こぶりな恐竜展」のエントランス
「Gr8!こぶりな恐竜展」のエントランス

📝「Gr8!こぶりな恐竜展」概要

【開催期間】
 2021年9月4日(土)〜10月10日(日)
【時 間】
 平 日13:00〜17:00(最終入場16:30)
 土日祝11:00〜19:00(最終入場18:30)
【場 所】
 横浜赤レンガ倉庫 1号館 2階スペース
【入場料】
 大人(中学生以上) 1,500円、子ども 1,000円
 ※2歳未満の乳幼児は無料
 ※障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名まで無料。

<お問合せ>(株)ドリームスタジオ TEL:03-3478-0225(平日 10:00~17:00)

URL

横浜赤レンガ倉庫1号館「Gr8!こぶりな恐竜展」について

「横浜観光情報」のサイト運営担当4年目のノンプロカメラマン。

趣味は野球と写真撮影。自前のカメラ機材を駆使して横浜市内の観光スポットに出没します。お気に入りのフォトスポットは、昼は富士山、夜は美しい夜景が望める横浜ランドマークタワー 69階展望フロア「スカイガーデン」や、春の桜や秋の紅葉など、四季が美しい日本庭園「三溪園」など。

横浜発祥の牛鍋やナポリタン、ビールはもちろん、甘いもの好き。

【Facebook】https://www.facebook.com/welcome.city.yokohama
【Twitter】https://twitter.com/hamako_yokohama
【Instagram】https://www.instagram.com/yokohama_visitors_guide/

ジョーの記事一覧