2021年4月開校! 神奈川大学みなとみらいキャンパスのここに注目!

神奈川大学みなとみらいキャンパス

掲載日:

更新日:

2021年4月開校! 神奈川大学みなとみらいキャンパスのここに注目!
2021年4月開校! 神奈川大学みなとみらいキャンパスのここに注目!

みなとみらいエリアで初となる総合大学キャンパスとして、神奈川大学みなとみらいキャンパスが2021年4月に誕生しました。

みなとみらい線「新高島駅」から徒歩4分、「みなとみらい駅」からは徒歩6分というロケーション。神奈川大学の経営学部・外国語学部・国際日本学部のグローバル系3学部に所属する約5000人の学生が利用するキャンパスです。

<「国際・日本」の融合した未来「創造・交流」キャンパス>をコンセプトに、今時の学生の過ごし方や、大学として新たな取り組みに合う構造を考え、地上21階、地下1階の約100mの建物には最新設備が揃っています。

今回、オープン前の様子を取材してきましたので、6つのポイントに分けてご紹介します!

① みなとみらいエリア初の総合大学キャンパス

神奈川大学は、もともと横浜で働く人々のため、みなとみらい地区に隣接する桜木町に創立者・米田吉盛が設立。2021年3月までは、横浜市神奈川区にある「横浜キャンパス」と平塚市にある「湘南ひらつかキャンパス」の2つのキャンパスを使用していましたが、創立から約90年、発祥の地の近くに新しいキャンパスを開設しました。

近隣には、グローバル企業が複数あり、美術館や劇場など文化的施設も多いことから、この街全体をキャンパスとして学ぶことが期待されます。

キャンパス外観
キャンパス外観

② 交流が増える! 新しいキャンパスの造り

みなとみらいキャンパスでは、「地域に開かれた人と知の交流拠点“ソーシャルコモンズ”」を目指していて、交流を増やす工夫がたくさんあります!

1階から3階までの低層階には、旅行代理店「株式会社旅工房」と連携し、観光情報の発信や旅行商品の販売、観光イベントなどを行う「観光ラウンジ」や、異文化体験イベントなどを行う「グローバルラウンジ」、3Dプリンターなどの機材を設置し、ワークショップなどのイベントを行う「ラボ(体験教室・ファブラボ)」の3つをはじめとした、近隣オフィスで働く人や市民との交流も期待されるラウンジなどが設けられています。

観光ラウンジ(予定)
観光ラウンジ(予定)
グローバルラウンジ
グローバルラウンジ

また、教員の研究室のある18階などの高層階には、聴衆者が階段状のスペースに座り、スクリーンを使いながら発表ができる「プレゼンフィールド」を配置。学生と教員のつながりを深める造りになっています。

プレゼンフィールド
プレゼンフィールド
スクリーンも使用できます
スクリーンも使用できます

さらに、中層階の11階には、教員向けのラウンジ「総合学術研究所」があり、3学部の先生方が交流できるよう、ワンフロアに設置。

総合学術研究所
総合学術研究所

このほか、学会を開くことなどを目的とした、「米田吉盛記念ホール」もあります。

米田吉盛記念ホール
米田吉盛記念ホール
全席コンセント完備
全席コンセント完備

③ ガラス張りで中の様子が見える! オープンな教室

オープンな学びを実現するため、演習室の多くはガラス張り!
外に飛び出しているような感覚になるような開放的な教室もありました。

全面ガラス張り
全面ガラス張り
中の様子
中の様子

また、「キャンパス全体で学びを」という想いから、各階に参考図書が置いてあったり、グループディスカッションをできる場が随所に設けられていたり、仕切りの少ない建物という印象を受けました。

各フロアに参考図書を配置
各フロアに参考図書を配置
グループディスカッションに最適な「ラーニングコモンズ」
グループディスカッションに最適な「ラーニングコモンズ」

教室の入口には、その日行われる授業の一覧が液晶画面に表示され、授業の出席もIDカードを利用するなど、デジタルな仕組みも!

実施授業一覧が表示される液晶画面
実施授業一覧が表示される液晶画面
出席管理はID
出席管理はID

④ このために通いたい! 絶景の学食

最上階の21階には、カフェテリア「トップラウンジ」が。

残念ながらこの日は霞んで見えませんでしたが、晴れた日には西に富士山、東にスカイツリーを望める絶景のラウンジ!

トップラウンジ(21階)
トップラウンジ(21階)
みなとみらいの景色を一望
みなとみらいの景色を一望

外の景色
外の景色

学生が利用できる「アクティブキッチン」もあり、パーティなどの利用もできるのだとか。

アクティブキッチン
アクティブキッチン

このほか、7階にも「学生ラウンジ」があり、学生には嬉しい低価格の学食を食べることができます。こちらも中層階ながら、とても開放感があります!

学生ラウンジ
学生ラウンジ
中の様子
中の様子

さらに、外のテラスに出ることも可能!

外のテラスへ
外のテラスへ
季節の植物を楽しみながらゆったり過ごせます
季節の植物を楽しみながらゆったり過ごせます

一つ下の6階とつながっており、「アウトドアラウンジ」としてみなとみらいの景色をじかに眺めながら、くつろぐことができます。

1つ下の階までつながっています
1つ下の階までつながっています
風に飛ばされないよう重めのベンチを設置
風に飛ばされないよう重めのベンチを設置

⑤ 日本の大学初! アプリを使った図書館

日本の大学で初めて、スマートフォンアプリから図書の貸出ができるシステムを導入! 図書館カウンターに立ち寄ることなく、借りることができます。

図書館は、1階から3階まであり、その蔵書数は約20万冊!

図書館
図書館
約20万冊の蔵書!
約20万冊の蔵書!

グループディスカッションできるスペースから、静かな空間で集中したいときのサイレントルームまで、用途に合わせて利用できる図書館です。

ガラス張りで開放的!
ガラス張りで開放的!
サイレントルームもあります
サイレントルームもあります

⑥ 先進的なSDGsへの取り組み

神奈川大学は、2018年9月にダイバーシティ推進について宣言。そのほかについても、積極的に取り組んでいて、階段ホール屋上には、太陽光パネルを設置。

教壇にスロープのある教室
教壇にスロープのある教室
右側にあるのが太陽光パネル
右側にあるのが太陽光パネル

また、学生ラウンジでは、段ボールで作られたダクトを採用するなど、SDGsに配慮した建物になっています。

段ボールで作られたダクト
段ボールで作られたダクト

まとめ

キャンパスを一通りまわり、とにかく仕切りが少なく、ガラス張りの部分が多く、「開かれた」キャンパスということを感じました。

みなとみらいの中心にあり、すでに近隣企業との連携が決まっていることもあって、活発なキャンパスライフを過ごせそう! とオープンキャンパスに訪れた高校生の気持ちでウキウキしながら回りました。

キャンパス内の様子
キャンパス内の様子

「神奈川大学 みなとみらいキャンパス」概要

【住  所】横浜市中区みなとみらい4-5-3
【電  話】TEL:045-664-3710(代表)
【学  部】外国語学部・国際日本学部・経営学部
【階  数】地上21階、地下1階

URL

【公式】神奈川大学 みなとみらいキャンパスのご紹介

平成生まれ女子・横浜カラー強めの東京都出身
ちょっと自慢は手話、スキー。好きなものは、旅行、楽しいドラマ・映画、伏線をたくさん回収する小説、大自然の中でのアクティビティ、ご当地ビールと餃子。
横浜ファンの皆さんに、ワクワクするような情報をお届けします!

もえの記事一覧