特別展「洞窟遺跡を掘る -海蝕洞窟の考古学-」

2022年03月29日更新

特別展「洞窟遺跡を掘る -海蝕洞窟の考古学-」 

神奈川県立歴史博物館では、2022年4月29日(金・祝)から6月26日(日)まで、特別展「洞窟遺跡を掘る -海蝕洞窟の考古学-」を開催します。

ここは三浦半島の南端-

青い海と空、海岸に面した崖には生い茂る緑。その崖を少し見上げると、ところどころに大小の穴が見つかります。長い時間をかけて波に削られ形づくられた自然の洞窟-海蝕洞窟(かいしょくどうくつ)-です。三浦半島の海蝕洞窟には、過去の人々の痕跡が残る場所が多くあります。いつ、どんな人たちに、どのように利用されたのでしょうか。

これまでの発掘調査により、海蝕洞窟遺跡からは主に弥生時代から古墳時代の遺物-特に釣針やアワビ貝殻製の道具、サメの歯の加工品といった海に関わる資料-が多く出土することが分かってきました。最近の研究では、その背後には巧みな航海技術で伊豆諸島へ渡ったり、内陸にも広がる交易ネットワークに深く関わった人々の姿が描かれつつあります。

同展では、同館が半世紀前に発掘した間口洞窟遺跡をはじめとする三浦半島の洞窟遺跡や周辺の遺跡から出土した資料を通して、そこに生きた人々の姿を紹介するとともに、それを研究する考古学の魅力も伝えます。

開催日 2022年4月29日(金・祝)~6月26日(日)
休館日:月曜日
時 間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
場 所 神奈川県立歴史博物館 1階 特別展示室・コレクション展示室
エリア 関内・馬車道・伊勢佐木町
料 金 ◆特別展・常設展セット料金
 一般 900円、20歳未満・学生 600円、65歳以上 250円、高校生 200円
◆特別展
 一般 700円、20歳未満・学生 400円、65歳以上 200円、高校生 100円
◆常設展
 一般 300円、20歳未満・学生 200円、65歳以上 100円、高校生 100円

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

お問合せ 神奈川県立歴史博物館 企画普及課
電話番号 045-201-0926
URL
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)