横浜市立図書館100周年 記念式典・講演会【事前申込】

2021年05月11日更新

※こちらのイベントは終了しております。

横浜市立図書館100周年 記念式典・講演会【事前申込】 

横浜市立図書館では、2021年6月に開業100周年を迎えるのを記念して、6月13日(日)に「横浜市立図書館100周年 記念式典・講演会」を開催します。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、式典・講演会は会場の人数を制限し、オンライン配信を行います。

当日は、高畑勲・宮崎駿両監督と共に、数々のアニメーション作品を送り出してきた鈴木敏夫さんを招き、記念講演を行います。

鈴木敏夫さんの基礎を作り、世界をひろげたのは映画、そして本でした。横浜が舞台の「コクリコ坂から」など、これまでに製作された作品にまつわる膨大な記録の中から、過去・現在・未来を紹介している『ALL ABOUT TOSHIO SUZUKI』。1冊の本を編む過程を共に歩まれた、編集者の永塚あき子さんとの対談です。

開催日 2021年6月13日(日)
時 間 12:30開場、13:30開演、16:00終演予定
場 所 横浜市港南公会堂
エリア 金沢・本牧・根岸エリア
料 金 参加無料
◆会場観覧
【定員】
 150名程度
 ※表彰者の招待を除く人数。往復はがきによる事前申込制による抽選
【対象】
 横浜市在住の小学生以上
【申込方法】
 往復はがき(詳しくは下記「イベントホームページへ」をご覧ください)
 ※5月20日(木)消印有効

◆オンライン配信
 横浜市内在住・在勤・在学者を対象に、電子申請による事前申込制で受け付けます。
 ※詳細未定(決まり次第、下記「イベントホームページへ」にて発表予定)

<参考>講演登壇者プロフィール
◆鈴木 敏夫(スタジオジブリプロデューサー)
1948年、名古屋市生まれ。慶応義塾大学文学部卒業後、徳間書店入社。『週刊アサヒ芸能』を経て、『アニメージュ』の創刊に参加。副編集長、編集長をおよそ12年務めるかたわら、「風の谷のナウシカ」「火垂るの墓」「となりのトトロ」などの高畑勲・ 宮崎駿作品の製作に関わる。1985年にスタジオジブリの設立に参加、1989年からスタジオジブリ専従。以後、「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」「風立ちぬ」等、ほぼすべての劇場作品のプロデュース。現在、スタジオジブリ代表取締役プロデューサー。

◆永塚 あき子(『ALL ABOUT TOSHIO SUZUKI』編集者)
東京都出身。編集・デザイン会社で書籍や雑誌などの編集者として働いた後、2017年スタジオジブリに入社。アーカイブ業務に従事するかたわらで、時々出版業務に携わり、『トトロの生まれたところ』(岩波書店)、『ALL ABOUT TOSHIO SUZUKI』(KADOKAWA)を編集。

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

お問合せ 横浜市中央図書館企画運営課 100周年事業担当
電話番号 045-262-7334
URL
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)