【公式】横浜市観光情報サイト - Yokohama Official Visitors' Guide

神奈川県立歴史博物館 特別展「近代輸出漆器のダイナミズム–金子皓彦コレクションの世界–」

学習・体験 屋内(雨天OK)
神奈川県立歴史博物館 特別展「近代輸出漆器のダイナミズム–金子皓彦コレクションの世界–」

神奈川県立歴史博物館では、2024年4月27日(土)から6月30日(日)まで、特別展「近代輸出漆器のダイナミズム –金子皓彦コレクションの世界–」を開催しています。

滑らかで深みのある黒の質感、そこにほどこされる蒔絵や螺鈿(らでん)といった装飾の華麗なきらめき―「漆器」は日本美術の精華にほかなりません。古くは中世から世界の人々を魅了し、開港後には、万国博覧会などで西洋からさらなる注目をあつめます。西洋の趣味を反映し、その需要に応えて、国外への輸出が本格化しました。各産地では、小箱やアルバムの表紙などの小さな土産物から、衝立や飾棚といった大きな家具にいたるまで、工夫を凝らした多種多様な漆器が制作されました。国内向けに作られた漆器とは異なる用途をもち、和洋の文化と嗜好が融合して生まれたデザインは、新時代の魅力をたたえています。

横浜は、輸出漆器の中心地でした。国内各地で生産された漆器が集められ、輸出される貿易港だったのです。さらに、各地から漆器商や職人が移り住み、近代では有数の漆器の産地ともなりました。なかでも貝や象牙などを立体的に象嵌する芝山漆器は、その花形でした。このように、各地で新たな展開を迎えた漆器は、近代の輸出工芸の大きな柱の一つに成長していきました。

同展覧会は、金子皓彦氏が海外で主に蒐集(しゅうしゅう)してきたコレクションを中心に構成され、芝山漆器や、静岡・会津などの産地で制作され、横浜を通じて海外へ渡った輸出漆器を中心に紹介します。あわせて、同時代に漆器と括られることもあった、寄木細工や木象嵌などの輸出向けの木工芸も展示。同展を通じて、知られざる近代輸出漆器の全貌に触れ、そのダイナミックな魅力を体感してみてはいかがでしょうか。

Information-イベント情報-

開催日 2024年4月27日(土)~6月30日(日)
※休館日:月曜日(祝日は開館)
時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
場所 神奈川県立歴史博物館 1階 特別展示室・コレクション展示室Google map
エリア 関内・馬車道・伊勢佐木町
料金 ◆特別展・常設展セット料金
一般:1,100円(1,050円)
20歳未満・学生:700円(650円)
65歳以上:250円 (250円)
高校生:200円 (200円)

◆特別展
一般:900円(800円)
20歳未満・学生:600円(500円)
65歳以上:200円 (150円)
高校生:100円 (100円)

◆常設展
一般:300円(250円)
20歳未満・学生:200円(150円)
65歳以上:100円 (100円)
高校生:100円 (100円)

※上記料金はすべて消費税込みです
※( )内は20名以上の団体割引料金
※中学生以下、障害者手帳をお持ちの方は無料
※学生・生徒の方は学生証・生徒証、20歳未満・65歳以上の方は年齢の分かるもの(運転免許証など)を受付にて要提示
お問合せ 神奈川県立歴史博物館 企画普及課
電話番号 045-201-0926
URL
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)

イベント一覧に戻る

P R