横浜国際舞台芸術ミーティング(YPAM)2022 ダンス作品『LUNA(路吶)』

2022年11月15日更新

※こちらのイベントは終了しております。

横浜国際舞台芸術ミーティング(YPAM)2022 ダンス作品『LUNA(路吶)』 

横浜国際舞台芸術ミーティング実行委員会は、2022年12月3日(土)、KAAT神奈川芸術劇場<ホール>にて、ダンス作品『LUNA(路吶)』を上演します。

クラウドゲート(台湾)、マーサ・グラハム・ダンスカンパニー(ニューヨーク)での活動を経て台湾先住民の文化から同時代的表現を生み出しているパイワン族出身の振付家、ブラレヤン・パガラファが、様々な先住民族と漢民族混合のダンサーたちとともに海抜1,000メートルの高地にある台湾最大のブヌン族集落「羅娜(Luluna)」に赴き、台湾文化資産とされている美しい歌唱や、その日の狩りの成果を力強い声で叫ぶ「戦功の宴」などの伝統を研究し、作り上げたダンス作品です。

「先住民の身体性や部族の儀式の中に、コンテンポラリーな語法や身のこなしを探し出し、あらためてサンプリングを行い、『人』という存在の観点を出発点として現代舞踊の内実を豊かにした」功績により、第17回台新芸術賞(2019)で年間グランプリを受賞。自然、歴史、自己との深い対話から繰り出される、ブラレヤン・ダンスカンパニーによる圧倒的な身体表現を体感できます。

開催日 2022年12月3日(土)
時 間 18:30開演
場 所 KAAT神奈川芸術劇場<ホール>
エリア 元町・山手・中華街・山下公園
料 金 一般 3,500円
YPAM参加登録者 1,500円
【振付】ブラレヤン・パガラファ
【衣装アドバイザー】リン・ビンハオ
【照明】リ・ジエンチャン
【映像】シュー・イチュン
【ダンサー】アウル・ジブランガン、ジリジリャウ・チャルザルム、クンドゥワ・タキオ、シヤン・サワワン、リアイ・キトー、アウィ・パワン、チェン・シェンジー
【ゲストダンサー】シュウ・ティンウェイ、ジョウ・ユーレイ、シュウ・ジャンジエ

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

お問合せ 横浜国際舞台芸術ミーティング事務局
電話番号 045-264-6514
URL
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)