横浜本牧絵画館 「横浜本牧と絵画」

2022年07月21日更新

横浜本牧絵画館 「横浜本牧と絵画」 

横浜にある「本牧(ほんもく)」の地をご存知でしょうか。本牧一帯は現在横浜市中区に属し、歴史ある地域です。現在では海岸の埋立てにより港湾施設などが拡張され、また、米軍住宅跡地が開発整備されて大きく変貌していますが、かつては変化に富む海岸風景と、比較的温暖な気候で知られ、近郊ばかりか東京方面からも多くの人々を迎えました。

こうした土地柄から、かつては多くの画家がこの地を訪れました。また近年ではこの地に居住して制作する画家も増えています。風光明媚な地は他にも数多くある中で、なぜ日本近代絵画において本牧の地が描かれたのでしょうか。そして本牧はどのように描かれたのでしょうか。また、近年の本牧では、どういう画家たちがどういう絵を描いているでしょうか。

横浜本牧絵画館では継続するテーマとして「横浜本牧と絵画」を掲げ、展示の拡充を図って参りましたが、このたび展示スペースを倍増し、展示資料の入れ替え・追加を実施しております。

開催日 2022年7月30日(土)~10月2日(日) ※毎週火曜、8月23~30日は休館
時 間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
場 所 横浜本牧絵画館
エリア 本牧・根岸・磯子
料 金 100円(保護者同伴の中学生以下1名無料)

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

お問合せ 横浜本牧絵画館
電話番号 045-629-1150
E-mail メールでお問合せ
URL
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)