令和3年度横浜市指定・登録文化財展/企浄土の庭―称名寺境内国史跡指定100年―

2021年11月01日更新

※こちらのイベントは終了しております。

令和3年度横浜市指定・登録文化財展/企浄土の庭―称名寺境内国史跡指定100年― 

横浜市歴史博物館では、2021年12月4日(土)から2022年1月10日(月・祝)まで、「令和3年度横浜市指定・登録文化財展/企浄土の庭―称名寺境内国史跡指定100年―」を開催します。

横浜市は、横浜市文化財保護条例に基づき、市域の歴史や文化、自然を理解するうえで重要な価値をもつ様々な文化財を指定・登録し、その保存・活用を行っています。

その取組の一つとして、本展では、令和3年度に新たに有形民俗文化財に指定された「奉納杓子(ほうのうしゃくし)」(小児の百日咳除けの祈願としてオシャモジサマとよばれる小祠に奉納された杓子)の速報展示、同時開催する「浄土の庭―称名寺境内国史跡指定100年―」展にちなみ、平成8年度に横浜市指定文化財として指定された平安時代の浄土信仰と関係の深い紺紙金字法華経(こんしきんじほけきょう)を展示します。

開催日 2021年12月4日(土)~2022年1月10日(月・祝)
【休館日】毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、12月27日~1月4日
時 間 9:00~16:30(券売は16:00まで)
場 所 横浜市歴史博物館 企画展示室
エリア その他
料 金 一般 500円
高校・大学生 300円
小中学生・横浜市内在住65歳以上 100円
企浄土の庭―称名寺境内国史跡指定100年

称名寺境内(金沢区)は、大正11年に国の史跡に指定されました。令和4年には、指定から100年の節目を迎えます。称名寺は、鎌倉幕府の重職を担った金沢北条氏の菩提寺であり、「称名寺絵図」にみる一大伽藍は14世紀の初め頃に完成したとされています。反橋・平橋の架けられた阿字ケ池を中心とする浄土庭園は、背後の三山とあいまって、称名寺を特徴づける景観となっており、本展では称名寺境内の史跡指定の歩みを伝えるとともに、称名寺の造営に結実した浄土思想について、金沢北条氏の盛衰とともに紹介します。

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

お問合せ 横浜市歴史博物館
電話番号 045-912-7777
URL
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)