三溪記念館 所蔵品展「梅のかおり」

2020年02月05日更新

三溪記念館 所蔵品展「梅のかおり」 

三溪記念館では、2020年1月31日(金)~3月10日(火)の期間、三溪の書画・三溪ゆかりの作家による作品・重要文化財建造物の障壁画などの所蔵品を紹介しています。

今回のテーマは「梅のかおり」です。梅が見ごろを迎えるこの季節にふさわしい、原三溪の書画や美術工芸品を展示します。

【期間】2020年1月31日(金)~2020年3月10日(火)
【会場】三溪記念館 第1・2展示室
【内容】下記の通り

■第1展示室
三溪の書画:「梅のかおり」 季節にふさわしい書画 9点
近代の仏画:「観山・寛方・靫彦」下村観山《観音》など 3点

■第2展示室
臨春閣の替え襖:中島清之《梅図》9面
原家の調度:《片輪車螺鈿蒔絵火鉢》、《梅花文菓子鉢》、《黒漆螺鈿二階棚》など 8点

*都合により、展示内容・期間が変更になる場合があります。

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

実施日 2020/1/31(金)~3/10(火)
場 所 三溪園
エリア 金沢・本牧・根岸エリア
料金 観覧無料(入園料のみ 大人・高校生以上 700円、小・中学生 200円)
お問合せ 公益財団法人 三溪園保勝会
電話番号 045-621-0634
URL
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)