【企画展示】 テレビとCMで見る平成・令和ヒストリー展2022

2022年07月07日更新

【企画展示】 テレビとCMで見る平成・令和ヒストリー展2022 

放送ライブラリーでは、2022年7月29日(金)~9月19日(月・祝)の間、「テレビとCMで見る平成・令和ヒストリー展2022」を開催。

2019年夏に「令和」の幕開けを祝し、企画展「テレビとCMで見る平成ヒストリー展」(2019.8.2~9.8)を開催し、テレビ番組とCMで平成30年間を振り返りました。また、2021年早春には企画展「テレビとCMで見る平成+令和1~2ヒストリー展」(2021.2.26~4.11)を開催し、前年の年明けから始まった新型コロナウイルス感染症の流行を反映し、先の企画展に、放送局現場担当者からの寄稿「コロナ時代のテレビ制作」を加え、コロナ禍での苦労や工夫・現場の思いを伝えました。

「テレビは時代を映す鏡」と言われますが、平成から令和への改元、新型コロナウイルスの感染拡大など、時代が大きく変わるなか、時代に合わせた新たな番組やCMが次々と制作されています。

本企画展では、昨年(令和3年)に放送された番組の紹介を加えるととともに、コロナ禍を経験した今、これからのTV(放送)やCMはどう変わっていくか、また、その可能性などについて、番組制作者やCMクリエイターの声を紹介します。さらに、本年夏、創刊60周年を迎える『TVガイド』の特別コーナーも設置します。

開催日 2022年7月29日(金)~9月19日(月・祝)※月曜休館
時 間 10:00~17:00
場 所 放送ライブラリー 展示フロア
エリア 関内・馬車道・伊勢佐木町
料 金 入場無料

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

お問合せ 放送ライブラリー((公財)放送番組センター)
電話番号 045-222-2828
受付時間 10:00~17:00
URL
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)