第47回神戸まつり

常松真菜(第15代横浜観光親善大使)2017年06月08日

みなさま、こんにちは!
平成29年度横浜観光親善大使の常松真菜です。

5月21日、雲ひとつない青空の下、私は「神戸まつり」のメインフェスティバルに参加し、横浜をPRして参りました。
今年は神戸港開港150年という記念の年にあたります!
恒例のディズニーキャラクターに加えAKB48も出演したパレードをはじめ、ステージやブースなど盛りだくさんでした。
市庁舎の上から見ると多くの人で地面が見えないほどのにぎわいでした!

神戸まつりは開港五都市に加え、神戸就航都市のミス・大使のみなさま(函館、新潟、長崎、宮城、茨城、高松、大分、宮崎、鹿児島、那覇、沖縄)とご一緒できる唯一の機会です。
東遊園地バラエティステージでの各都市からのPRはとても華やかなものとなりました。

その後神戸市長を表敬しました。久元喜造市長はさまざまな地を訪れた経験を持ち、各都市についてもよくご存知でした。各都市からの挨拶とPRの際は、ご当地の話題で盛り上がりました。

表敬訪問の後、私たちミス・大使もおまつりパレードに参加させていただきました。パレードの途中、「横浜だ!」と声をかけてくださる方もいらっしゃり、とても嬉しかったです。

夜には懇親会が開かれ、各都市の方々とゆっくりとお話しすることができました。
スマイル神戸の方々からはクイズの出題がありました。

ここでみなさまにも一問!
Q.有馬温泉にゆかりの深い人物は?
1.織田信長
2.豊臣秀吉
3.徳川家康

正解は…
2.豊臣秀吉です!

5月3日に開催された「ザよこはまパレード」のため横浜にいらした際、スマイル神戸の高瀬さんが有馬温泉について話してくださったのが印象に残っていました。おかげでこのクイズに正解することができ、景品にケーニヒスクローネのかわいい「神戸に住んでる小グマ」クッキーをいただきました。

翌日には、各都市のみなさまと一緒に、神戸のまちを案内していただきました。
開港150年に合わせリニューアルされた、メリケンパークは、とても広々としていて、見上げれば空がどこまでも続き、ずっと歩いていたくなるようなゆったりとした空間でした。

震災メモリアルパークでは、阪神・淡路大震災の被害の様子を目のあたりにし、風化させてはならない震災の記憶にふれることができました。
この日、須磨浦山上遊園の展望台や、ポートタワーから市内を一望する機会もありました。まちや緑、そして青々とした空と海がおりなす神戸の美しい景色は、私にとって忘れられないものとなりました。

短い時間でしたが、人々の力強さが感じられるまち、写真映えするおしゃれなまち、おいしいものに出会えるまち、絶景の広がるまち「神戸」を、再発見できた2日間でした。

また、開港五都市、神戸就航都市のミス・大使のみなさまと出会い、ともにすごすことができ、とても楽しいひとときでした!みなさまから魅力的なお話を聞いて、どの都市にも足を運びたくなりました。

神戸のみなさま、そしてミス・大使の方々、本当にありがとうございました。

これからも、各都市や人々とのつながりを大切に、心を込めて横浜をPRしてまいります!

公式サイトURL:http://www.kobe-matsuri.com/