NEW!

いけないヨコハマ

ディープな夜の横浜というなら、この店をおいては語れまい。横浜は中区福富町にあるバークライスラーである。辻ごとに立つキャッチ氏のお誘いを聞き流しつつ、黄色の電飾看板の下にたどりつく…

MORE

001

肉体と魂のための聖地

先の見通せない時代のせいだろうか。身近な暮らしのあれこれを大切にして、日常をていねいに生きるというようなライフスタイルに脚光が集まっているようだ。そうなると侘びや寂びといっ…

MORE

002

ラグジュアリーを楽しむ大人の横浜

名だたるハイブランドのいくつかが、馬具や乗馬に関する道具づくりからスタートし…

MORE

003

キュレーターも知らないアートと知

ブリキといえばチープな素材の代名詞。薄い鉄板に錫(スズ)をメッキしたもので…

MORE

004

スクリーンに輝く横浜

横浜という街が、これほどスタイリッシュに描かれた映画はちょっと思い浮かばない…

MORE

005

横浜に秘境あり

称名寺は鎌倉時代、北条実時が邸内に建てた持仏堂が起源といわれている。『吾妻鏡…

MORE

006

ラビリンスとしての中華街

横浜中華街に足を踏み入れると、なぜか方向感覚がずれてしまう。そんな経験を持つ…

MORE

007

横浜の下町を歩く

「ハマのアメ横」と称されている商店街をご存じだろうか。正式には、横浜洪福寺松原…

MORE

008

名作の中のヨコハマ

山本周五郎は反骨の作家であった。意地の人であった。横浜市立尋常西前小学校を卒…

MORE

009

純喫茶にいりびたる

気をそそられるキャッチーな店名である。大学院というからには、という期待をもっ…

MORE

010

港に響くは霧笛かジャズか

横浜でジャズを語るとき、平岡正明の名を外すことはできないだろう。60年代、ジャズ…

MORE

011

クルマで流す横浜

横浜の典型なのに、なかなか見ることができない横浜といえば埠頭かもしれない。そ…

MORE
ページTOPへ戻る

広 告