横浜中華街へ行こう!!

過去の媽祖祭の様子
映像提供:横浜市民放送局

 中国のお正月を祝う春節に続き、春の訪れとともに開催されるのが「媽祖祭」です。媽祖は中国の沿岸部や台湾で航海の安全を護る海の女神として強い信仰を集めている道教の神様。
横浜中華街では2006年の3月に「横浜媽祖廟」が開廟し、これを記念して毎年3月20日に媽祖祭が開催されます。

媽祖祭の見所
実行委員長の謝成發

 媽祖祭の見所はなんといっても神輿巡行(パレード)。媽祖様を乗せた神輿をはじめ、3メートルを超える巨大な将軍や、台湾から贈られた四海龍王(東西南北の海に鎮座する4尊の龍王)、そして獅子舞・龍舞とともに中華街中を練り歩きます。
 また、パレードの道中では、伝統的な厄落とし『神輿くぐり』も行われます。観客も飛び入りで参加できるので、媽祖祭見るだけでなく一緒に厄落としもしてみてはいかがでしょうか?
 媽祖祭実行委員長の謝成發さん曰く「台湾などで行われている媽祖祭と同じものが、横浜で見られるので、ぜひ見に来てほしい」とのこと。3月20日はぜひ横浜中華街で媽祖祭を楽しんでください。

横浜中華街の動画をもっと見たい方は Ch.OPENYOKOHAMA