TOP
ABOUT
YOKOHAMA MAP

日常のひとときを、
極上のひとときに変えてしまう。
その美しい存在感こそが、大倉陶園の魅力。

陶磁器に少しでも関心のある人ならば、日本を代表する洋食器のブランドが横浜にあることはご存じだろう。そう、大倉陶園である。1919年の創立以来、一貫して最高級のものづくりをめざし、きわめて美術的価値の高い陶磁器を作り続けてきたメーカーだ。「オークラのホワイト」と賞賛されるその美しい白磁は、まさに大倉陶園のアイデンティティともいうべき完璧な白さであって、その白さの上に、手描き、岡染め、エンボス、漆蒔、呉須といった伝統的な技法が丹念に施され、ほとんど唯一無二ともいうべきオーラを放つのだ。創業者・大倉孫兵衛のいう「良きが上にも良きものを」という宣言は、21世紀の今日においても、いささかも揺るぐことなく、ここ横浜の地で受け継がれているというべきだろう。そのクオリティがどれほどのものであるかは、贅言(ぜいげん)を要しない。たとえば、赤坂離宮として知られる迎賓館で、外交上の賓客(ひんきゃく)のために用意される正餐用、歓迎会用など460人揃いの食器が、すべて大倉陶園製であることでおのずと知れよう。あるいは、バッグ、時計、ファッションなど超一流の海外ラグジュアリーブランドが、自らの世界観にふさわしいブランドとして、こぞって大倉陶園の洋食器を注文することでも。日常のひとときを、極上のひとときに変えたいと願うなら、大倉陶園のある暮らしこそがふさわしい。あまり知られていないことであるが、横浜の本社敷地内には直営ショップが併設。探していた一品に出会えるかもしれない。

大倉陶園

横浜市戸塚区秋葉町20番地
TEL:045-812-8588
http://www.okuratouen.co.jp/

本当に上質なものを求める気持ちに、
どこまでも寄り添ってくれるブランド。
それがスタージュエリー。

うわべの流行ではなく、普遍的な価値ある輝き。きらめく繊細さだけでなく、気品のある優雅さ。ジュエリーに求められるさまざまな思いを突きつめていったとき、選択肢に残されるブランドはそれほど多くはない。けれども、その輝きの上質さにおいて、ほとんどの女性を惹きつけてやまないブランドがある。それが、横浜のスタージュエリーだ。銀座や表参道でも手にとってみることはできるけれども、ブランド発祥の地、横浜・元町の本店で手にするスタージュエリーはまた格別だ。それというのも、ここ横浜は、スタージュエリー創業以来の自社工房であるプレミアムワークショップが本店にほど近い場所に置かれているから。このプレミアムワークショップは、もともと横浜の山手に住む外国人顧客の難しい注文に応えることで技術を磨き、妥協のない品質「スタークオリティ」を培ってきたところ。「原型師」と呼ばれるクラフトマンを擁し、その原型師と社内のデザイナーが連携して製品をつくりあげている場所こそが横浜元町。この元町本店では、購入したリングのサイズ直しを当日中に仕上げてもらうことができるほか、希望すればリングの内側やネックレスなどに刻印を入れてその日のうちに手渡してくれる。本店ならではのまさにプレミアムなサービスだ。本当に上質なものを求める気持ちに、プレミアムワークショップを擁するスタージュエリーはどこまでも寄り添ってくれる。

STAR JEWELRY
the shop & museum MOTOMACHI

横浜市中区元町 1-24
TEL:045-641-0650
営業時間 11:00~ 20:00
http://www.star-jewelry.com/

豊かな時間と空間を存分に味わうこと。
その贅沢を叶えてくれる場所が
ホテルニューグランドにあるシーガーディアンII(ツー)だ。

わがままに贅沢を楽しみたいとき。日常に倦んだこころをリフレッシュしたいとき。大人であるならば、いくつかの流儀を持っているものだろう。いわく、旅に出る。洋服を仕立てる。車を買い換える等々。だが、それほどまで散財しなくとも、もっとスマートにすべての願いを叶える方法がある。それがホテルに行くということ。豊かな時間と空間を存分に味わうことで、ルーティンにまみれた日常をいきいきと活性化することができるのだ。
たとえば、横浜のホテルニューグランド。チェックインしたなら、シャワーをあびて着替え、ルームキーを持ったままシーガーディアンIIに入ってみるといい。ほのぐらいゴージャスな空間が、たちまち訪れた人を包み込みリラックスさせてくれるだろう。バーカウンターに座り自分を解きほぐすのもいい、伝統と気品を感じさせる横浜家具のソファに体を沈めるのもいい。横浜を訪れたからには、土地ゆかりのカクテルである「ヨコハマ」や、あるいは日本生まれの「バンブー」で喉を湿らすのもいいだろう。となれば、握り寿司などもつまんでみたいところだが、街場のバーではまず無理なその注文が、シーガーディアンIIであれば通るのである。こうした贅沢こそホテルのバーで飲む醍醐味だろう。あとはこころのおもむくままに、濃密な時間をゆっくり愉しむ。これこそまさに贅沢というものではないか。

ホテルニューグランド
バー シーガーディアンII(ツー)

横浜市中区山下町10番地
TEL:045-681-1841(代)
バー シー ガーディアンII 営業時間:17:00~23:00(L.O 22:30)
http://www.hotel-newgrand.co.jp/sea-guardian-2/