横浜みなと博物館「ずっと港のまんなかに 新港ふ頭展」

【実施日】2018/2/17(土)~4/15(日)
新港ふ頭は拡大する貿易に対応するために、明治末から大正初期の税関拡張工事の中で、横浜港の中心的な埠頭として誕生しました。完成から今日までの間に、新港ふ頭は関東大震災による崩壊と復旧、第2次世界大戦後の長期にわたる接収を乗り越え、高度経済成長期まで横浜港の貿易を支え続けてきました。本展覧会では完成から100年を迎えた新港ふ頭の歴史を紹介します。

詳しくは下記URLをご覧ください。