神奈川近代文学館 生誕150年記念 詩人大使ポール・クローデルと日本展

※こちらのイベントは終了しております。

20世紀フランスを代表する劇作家、詩人であり、外交官としても世界各地で活躍したポール・クローデル(1868~1955)。本展は、2018年に生誕150年を迎えるクローデルと日本との関係に焦点を当てる企画展である。 彫刻家の姉・カミーユの影響で少年時代から日本文化に強い憧れをいだいていたクローデルは、1921年(大正10)、53歳のとき駐日フランス大使として念願の来日を果たした。公務のかたわら、能や歌舞伎などの古典芸能に傾倒してその舞台技法を吸収し、また終生の大作戯曲「繻子(しゆす)の靴」を完成させるなど、日本での日々は、創作者・クローデルに大きな実りをもたらした。クローデルは滞日中、箱根など県内各地をしばしば訪れたほか、1923年9月の関東大震災に際しては、倒壊した横浜のフランス領事館(現・港の見える丘公園内)に駆けつけ被災者の救済に奔走するなど、神奈川とのゆかりも深い。
会場では、エッセイ集『朝日の中の黒鳥(くろとり)』、フランス語による俳句風の短詩集『百扇帖(ひやくせんちよう)』、能や歌舞伎など古典芸能の影響の色濃い舞踊劇「女と影」、戯曲「クリストファ・コロンブスの書物」「火刑台上のジャンヌ・ダルク」など、日本文化の受容を経てクローデルが生み出した作品を紹介するとともに、東京の日仏会館、京都の日仏学館(現アンスティチュ・フランセ関西)の開設に尽力し、日仏文化交流の基盤を作った業績も振り返る。

【開催日】 2018年5月19日(土)~7月16日(月・祝)休館日は月曜日(7月16日は開館)

【開館時間】午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)

【会場】  神奈川近代文学館第2展示室

【観覧料】 一般400円(300円)、65歳以上/20歳未満及び学生200円(150円)、高校生100円、中学生以下無料
       *(  )内は20名以上の団体料金
     ※身体障害者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は無料(詳しくはお問い合わせください)

【主催】  県立神奈川近代文学館・公益財団法人神奈川文学振興会、ポール・クローデル生誕150年記念企画委員会

【お問合わせ】公益財団法人神奈川文学振興会 045-622-6666

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

神奈川近代文学館  生誕150年記念 詩人大使ポール・クローデルと日本展 
実施日 2018/5/19(土)~7/16(月・祝)
場 所 神奈川近代文学館
エリア 元町・山手・中華街・山下公園エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

Google Map