シルク博物館 江戸の粋とデザイン ~小袖コレクションから~

※こちらのイベントは終了しております。

小袖は江戸時代の基本的な服装の形で、現代の「きもの」の原型とされるものです。武家の女性が着用していた小袖は刺繍や絞りの技法を全面に施した絢爛豪華なものも多く、そのデザインは吉祥、植物、風景、文学など題材が多岐にわたっています。一方、町方の女性が着用していた小袖も粋な工夫を凝らしたものがあります。当館所蔵の小袖65領を前期・後期に分けて一堂に展示します。

前期:
 2018年4月28日(土)~5月13日(日)   
後期:
 2018年5月15日(火)~6月3日(日)

■講演会
 テーマ:江戸時代女性のファッショントレンド-移り変わる小袖の美
 日時:2018年5月12日(土) 14:00~16:00
 定員:40名(当日13:00から整理券配布)
 聴講無料(ただし入館料が必要)
■学芸員によるギャラリートーク
 日時:2018年5月3日(木・祝)、6月2日(土) 各日とも14:00~
 当日参加自由 無料(ただし入館料が必要)

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

シルク博物館 江戸の粋とデザイン ~小袖コレクションから~ 
実施日 2018/4/28(土)~6/3(日)
場 所 シルク博物館
エリア 元町・山手・中華街・山下公園エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

Google Map