横浜開港資料館 戌年新春企画ミニ展示 「幕末明治・横浜犬事情」

※こちらのイベントは終了しております。

幕末の人気浮世絵師貞秀は多くの洋犬を描きました。しかし、犬だけを描いた絵はありません。いつも人とともに描かれました。貞秀の絵筆を走らせたのは、耳が垂れて足の長い洋犬それ自体だけでなく、当時の日本人の目には珍しい、外国人と犬との関係でした。江戸時代、大多数の犬は個人が飼うものではなく、群れで村や町を徘徊する里犬であり、狆(ちん)以外は室内で飼われることはありませんでした。そのため、開港以後やって来た、行儀よく飼い主につき従い、家の中で人と一緒に暮らす洋犬の姿は、大きな驚きでした。2018年の戌年を記念し、当館所蔵の浮世絵や古写真などから、幕末明治の横浜の犬事情を垣間見ます。

実施日:
 2018年1月4日(木)~2月28日(水)
会場:
 横浜開港資料館 新館2階 ミニ展示コーナー *入館料が必要です

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

横浜開港資料館 戌年新春企画ミニ展示 「幕末明治・横浜犬事情」 
実施日 2018/1/4(木)~2/28(水)
場 所 横浜開港資料館
エリア 関内・馬車道・伊勢佐木町エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)