特別展  顕われた神々 ―中世の霊場と唱導―

神奈川県立金沢文庫で管理する国宝・称名寺聖教のなかには、法要や勧進などの儀礼の場で読み上げられた、表白や説草(説教の台本)が多数残されています。それらは唱導資料と呼ばれ、中世の主要な社寺の神仏にまつわる縁起などが説かれており、今では失われた古い信仰世界を浮かび上がらせます。種々の唱導資料を通じて、伊勢神宮や春日大社、八幡宮など様々な神々のすがたを、関連する美術作品などとともにご紹介します。
本展覧会では、法会の場で活躍した唱導の名手たちの作品を集めた「神をめぐる唱導」、朝廷や国土を守護する神々への祭祀の諸相を紹介する「王城鎮護の神々」、日本各地に展開した霊場をめぐる縁起や霊験譚を読み解く「神々います霊場」、神秘に彩られた神々のすがたを記す中世神道説をひもとく「秘説の中の神々」という四章から、中世の神々の世界を再現していきます。
                       
【会  期】2018年11月16日(金)~2019年1月14日(月・祝)
【 休館日 】毎週月曜日(ただし12/24、1/14は開館)、12/25(火)、12/28(金)~1/4(金)
【観覧時間】9:00~16:30(入館は16:00まで) 
【会  場】神奈川県立金沢文庫
【料  金】一般700円 20歳未満及び学生500円 65歳以上200円 高校生100円
      ※中学生以下及び教育課程に基づく教育活動として入館する高校生無料
<お問合せ>神奈川県立金沢文庫 TEL:045-701-9069

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

特別展  顕われた神々 ―中世の霊場と唱導― 
実施日 2018/11/16(金)~2019/1/14(月・祝)
場 所 神奈川県立金沢文庫
エリア 金沢・本牧・根岸エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

Google Map