神奈川県立金沢文庫 特別展 「唐物 KARA-MONO―中世鎌倉文化を彩る海の恩恵―」

大陸との交易は、中世都市鎌倉に陶磁器や書物、経典、墨などさまざまな「唐物」をもたらし、国際色豊かな文化を形成しました。「唐物」の受容は同時代に輸入された文物にとどまりません。北条実時は、入唐僧・恵萼(えがく)が平安時代に請来した『白氏文集』を写して創設した金沢文庫に収めました。また、中国の国際貿易都市・寧波(ニンポー)沖の普陀山は、恵萼ゆかりの観音菩薩像を祀ります。この普陀山観音は海上の守護として東アジア諸国で信仰され、鎌倉地方にも仏像や仏画が伝えられています。 本展では、鎌倉文化の基層にある大陸への憧憬を国宝、重要文化財など約100点から探ります。

会期:
 2017年11月3日(金・祝)~2018年1月8日(月・祝)
休館日:
 毎週月曜日(1月8日は除く)、11月24日、12月28日~1月4日
観覧時間:
 午前9時~午後4時30分(入館は4時まで) 

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

神奈川県立金沢文庫 特別展 「唐物 KARA-MONO―中世鎌倉文化を彩る海の恩恵―」 
実施日 20107/11/3(金・祝)~2018/1/8(月・祝)
場 所 神奈川県立金沢文庫
エリア 金沢・本牧・根岸エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

Google Map