横浜都市発展記念館 コーナー展「陸軍衛生兵となった横浜市民の記録」

※こちらのイベントは終了しております。

このたび横浜都市発展記念館に寄贈されることになった小島武雄氏(1918~1995)の従軍関係資料を展示いたします。小島氏は1918(大正7)年に現港北区小机町の農家に生まれ、日中戦争勃発後の1939(昭和14)年に徴兵されて中国の華北地域に出征し、山西省の太原陸軍病院で陸軍衛生兵として勤務し、1942(昭和17)年11月に無事帰国します。しかし、戦局が悪化した1944(昭和19)年4月に再度召集されて中国に渡った後、現北朝鮮の平壌市郊外の秋乙で終戦を迎え、ソ連陸軍直轄の三合里収容所(現:平壌市寺洞区域大院里)に収容され、同所や秋乙収容所の診療所で抑留生活を送りました。小島氏の資料には、当時の写真や書簡類が多数あり、陸軍衛生兵として2度出征し、抑留生活を送った横浜市民の戦争の記録として、大変貴重な資料であるといえます。

展示期間:
 ~10月9日(月・祝)
場所:
 横浜都市発展記念館4階常設展示室

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

横浜都市発展記念館 コーナー展「陸軍衛生兵となった横浜市民の記録」 
実施日 ~2017/10/9(月・祝)
場 所 横浜都市発展記念館
エリア 関内・馬車道・伊勢佐木町エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

Google Map