富士ゼロックス・アートスペース 斎藤義重展

※こちらのイベントは終了しております。

日本の現代美術のパイオニアと呼ばれた斎藤義重氏の作品を展示します。生前、自宅兼アトリエを横浜に構えるなど、横浜に縁の深い作家でもあります。
今回の展示作品『ボオパン』シリーズは、そうした従来の作風から一転し、シンプルな色とかたちによる絵画的要素が強く見られる作品となっています。従来の作品が「絵画と彫刻」の性格をあわせ持った反絵画であるならば、『ボオパン』は「絵画と版画」の性格をあわせ持った反絵画といえるかもしれません。
今回展示する7点は、1971年から1974年までに制作されたシリーズ作品のうち、すべて1971年のものです。これらの作品では合成樹脂で単一色に着色されたアルミ板に不定形のかたちが表わされています。紙に刷られる木版画や銅版画とは材料も制作のプロセスも異なりますが、ひとつの原版をもとに複数のエディションが作られるという点で版画という形式をとった作品と言えるでしょう。

会場:富士ゼロックス・アートスペース(Fuji Xerox Art Space)
日程:2016年2月22日(月)~5月11日(水)
開館時間:平日11:00~19:00(最終入館は閉館15分前まで)
休館日:土・日・祝日
※4月23日(土)~5月8日(日)までの土・日・祝日は開館いたします
入場料:無料

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

富士ゼロックス・アートスペース 斎藤義重展 
実施日 2016/2/22(月)~5/11(水)
場 所 富士ゼロックス・アートスペース
エリア みなとみらい21エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)