横浜美術館 村上隆のスーパーフラット・コレクション―蕭白、魯山人からキーファーまで―

※こちらのイベントは終了しております。

古美術、現代アート、その他もろもろ
御開帳!村上隆のスーパーフラット・コレクション

この展覧会は、現代日本を代表するアーティスト、村上隆(むらかみたかし)(1962年生まれ)の現代美術を中心とするコレクションを初めて大規模に紹介するものです。

村上隆は、東京藝術大学にて日本画初の博士号を取得。現代美術と日本の伝統絵画、ハイカルチャーとポップカルチャー、東洋と西洋を交差させた極めて完成度の高い一連の作品で世界的に評価され、海外の著名な美術館で数々の個展を開催してきました。
アーティストとしての精力的な創作の一方で、村上隆はキュレーター、ギャラリスト、プロデューサーなど多岐にわたる活動も展開しています。特に、近年、独自の眼と美意識で国内外の様々な美術品を積極的に蒐集し続けており、その知られざるコレクションは、現代美術を中心に日本をはじめとするアジアの骨董やヨーロッパのアンティーク、現代陶芸や民俗資料にまで及んでいます。村上隆にとって「スーパーフラット」とは、平面性や装飾性といった造形的な意味のみに限定されるのではなく、時代やジャンル、既存のヒエラルキーから解放された個々の作品の並列性、枠組みを超えた活動そのものを示しており、「芸術とは何か?」という大命題に様々な角度から挑み続ける作家の活動全体(人生)を包括的に表す広範かつ動的な概念と捉えられるでしょう。
圧倒的な物量と多様さを誇るこれら作品群を通して、村上隆の美意識の源泉、さらには芸術と欲望、現代社会における価値成立のメカニズムについて考えるとともに、既存の美術の文脈に問いを投げ掛ける、またとない機会となるでしょう。

■彫刻の庭
村上隆にとってコレクションとは「限界への挑戦」でもあります。美術館エントランスの大空間、グランドギャラリーでは大型彫刻やインスタレーションが林立し、観客を迎えます。資本主義と芸術の拮抗、欲望と芸術の関係が不確定なものに金銭を出すという行為について問いかけます。

■日本・用・美
ここでは、日本を中心とする東洋陶磁や近代陶芸の秀品、江戸期の絵画や資料類が整然と陳列されます。生活の中の日本美、その淵源のひとつとしてのヨーロッパの雑器まで、美の根源を探索する村上隆の眼差しをたどります。

■村上隆の脳内世界
グラフィティ絵画からアンティーク家具、陶製のビールジョッキやペタンクの玉まで、ありとあらゆるものがカオティックに展示された、「玉石混交」かつ「ノーロジック」な世界。村上隆の脳内を覗くような不思議な体験空間です。

■スタディルーム&ファクトリー
美術教育、歴史、価値の創造(あるいは捏造)、価値の成立(メカニズム)、労働と対価について、参加型の作品や映像インスタレーション作品を通して考察します。

■1950-2015
村上隆のコレクションの主要な柱である1950年代から現在までの国内外のアート作品をほぼ制作年に沿って機械的に展示します。戦後から今日に至るまでのこの時間枠は1962年生まれの村上隆の生きてきた時間でもあります。これらの作品を通じ、村上隆の幼少時代の原体験や若き日に受けた影響だけでなく、既存の美術の流れとは異なる村上独自の美術史の文脈についても考えます。

会期:2016年 1月30日(土)~2016年4月3日(日)
休館日:木曜日 ※2016年2月11日(木・祝)は開館
開館時間:10時~18時(入館は17時30分まで)
観覧料:一般 当日1,500円、前売1,300円
    大学・高校生 当日900円、前売800円
    中学生 当日400円、前売300円
    小学生以下 無料
    65歳以上 1,400円(要証明書、美術館券売所のみ対応) 

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

横浜美術館 村上隆のスーパーフラット・コレクション―蕭白、魯山人からキーファーまで― 
実施日 2016/1/30(土)~4/3(日)
※休館日:木曜日、
ただし2/11(木・祝)は開館
場 所 横浜美術館
エリア みなとみらい21エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)