Being at home with Claude〜クロードと一緒に〜

Zu々では、W主演(松田凌・小早川俊輔)、W演出、Wキャストで4度、蘇るモントリオールを舞台にしたカナダ戯曲「Being at home with Claude ~クロードと一緒に~」2019年度版を横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホールにて開催します。

【開催日時】2019年4月13日(土)~4月28日(日)
【会  場】横浜赤レンガ倉庫 1号館 3Fホール
【対  象】15歳未満入場不可
【料  金】一般 全席指定 8,300円(税込)
      学生 当日引替券発行(各回20席限定) 3,900円(税込)
      プレビュー公演(Cyan 4月13日/Blanc14月14日) 3,900円(税込)
【内  容】下記の通り

1967年 7月5日、月曜 午前10時 。
カナダ、モントリオール、裁判長の執務室。
容疑、殺人。

自首してきた若い男娼。
外には大勢のマスコミ。
刑事の取調べは36時間を超えた。

真実だけが、見付からない。

『Being at home with Claude〜クロードと一緒に〜』はルネ=ダニエル・デュボワによるカナダの戯曲です。2014年にZu々プロデュースで日本で初上演されて以来、形態を変えながら上演回数を重ねてきました。初演(2014年・青山円形劇場)のWキャストで主役の「彼」を演じたのは相馬圭祐・稲葉友。また再演(2015年・シアタートラム)では主演の松田凌を中心に「刑事」「速記者」が交互に役を入れ替わるスウィッチキャスティングの形式。3回目の上演(2016年・新国立劇場小劇場)には映像と生演奏を取り入れたLecture-Spectacle<読み聞かせ>として上演し、主演「彼」を松田凌が務めました。

4回目の上演となる今回は、新たな「彼」に小早川俊輔を迎え、3度目の主演となる松田凌とのWキャスト。更には二人の演出家:田尾下哲、保科由里子によるCyan(シアン)とBlanc(ブラン)のWチームでの上演です。
〔作〕ルネ=ダニエル・デュボワ 〔翻訳〕イザベル・ビロドー/三宅 優
〔総合演出〕田尾下哲 〔上演台本・演出〕保科由里子 〔演出補〕木村巧三


<お問合せ>Zu々 zuu24.com◆gmail.com(◆を@に変更の上、お送りください)

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

Being at home with Claude〜クロードと一緒に〜 
実施日 2019/4/13(土)~4/28(日)
場 所 横浜赤レンガ倉庫 1号館 3Fホール
エリア みなとみらい21エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)