横浜名所めぐり~一日乗車券でお得に満喫

これぞ横浜の定番観光コース!横浜ベイエリア一日乗車券「みなとぶらりチケット」を使って、山下公園、山手西洋館、三溪園、ランドマークタワーなど、横浜の人気観光スポットを巡ってみましょう。

1、横浜ベイエリア一日乗車券「みなとぶらりチケット」を入手

まずは横浜ベイエリア一日乗車券「みなとぶらりチケット」を入手しましょう。料金は大人500円、小児250円。新幹線との乗換に便利な、市営地下鉄「新横浜駅」も乗り降り自由の「みなとぶらりチケット ワイド」は大人550円、小児280円。市営地下鉄駅(横浜・高島町・桜木町・関内・伊勢佐木長者町 ※みなとぶらりチケットワイドは新横浜でも発売)、桜木町駅観光案内所、市内主要ホテルなどで発売しています。約90の提携店舗で割引等のサービスも受けられるので、事前にチェックしてからお出かけするのがオススメです。

2、三溪園

まず訪れたのが、時代をタイムスリップしたような錯覚に陥る「三溪園」。横浜駅前から、毎週土休日に運行している「ぶらり三溪園BUS」に乗車します。街の中心部にありながら、緑豊かな広大な日本庭園はまるで時が止まったかのよう。製糸、生糸貿易で財を成した実業家・原三溪が明治39年に開園した「三溪園」には、京都や鎌倉などから集められた歴史的建造物が自然豊かな園内にたくみに配置されています。梅や桜、ツツジ、紅葉などの名所として知られ、四季を通じて美しい庭園です。ここで、抹茶を一服!園内の「抹茶処 望塔亭」で、旧燈明寺三重塔を見上げた絵柄を型押しした、三溪園オリジナル餡入り落雁と本格的な抹茶がいただけます。

三溪園 三溪園

3、山下公園

再び「ぶらり三溪園BUS」に乗車し、約15分で山下公園前へ。開港の歴史を色濃く残すエリアです。海への眺望が美しい山下公園を散策します。

山下公園

4、横浜中華街

徒歩にて世界最大級の中華街へ。開港当時、外国人との貿易の仲介役として日本へやってきた中国人たちが住み始めたエリアが現在の横浜中華街。600店を超える飲食店や土産物店などがひしめき合う活気溢れるエリアで、ランチをいただきます。あらゆるジャンルの中華料理が揃う中華街で、何を食べようか迷ってしまう方は、「みなとぶらりチケット」でお得に食べられる提携店舗から探してみてはいかがでしょう。

横浜中華街 横浜中華街

5、港の見える丘公園

お腹が満たされたら、観光スポット周遊バス「あかいくつ」で約10分、山手の港の見える丘公園へ。「あかいくつ」のレトロな車体が開港ロマンの旅を盛り上げてくれます。車内では簡単な観光スポットの紹介も。横浜港を見下ろす小高い丘にある港の見える丘公園は、映画やドラマなどの撮影スポットとしても知られていますが、市内有数のバラの名所としても有名です。春と秋の時期に訪れれば、2016年4月にリニューアルした「イングリッシュ・ローズ・ガーデン」で約150種類の香り豊かなバラが楽しめます。

港の見える丘公園

6、山手西洋館

港の見える丘公園まで来たら、ぜひ散策したいのが、開港当時外国人居留地として拓かれた山手エリア。総領領事館や貿易商の邸宅、外交官の家として建築された数々の西洋館が点在します。すべて入館無料なのも嬉しい!袴姿が絵になる絶好の撮影スポットです。散策に疲れたら、西洋館に併設されているカフェでくつろぐのはいかがでしょう。バラを使ったオリジナルティーが楽しめる「カフェ・ザ・ローズ」、高台からみなとみらいを臨む「ブラフガーデンカフェ」など、とっておきのひとときをお約束します。また、山手の老舗洋菓子店「えの木てい」では、有名なチェリーサンドもいただけます。

山手西洋館 山手西洋館

7、元町ショッピングストリート

山手の丘を歩いて下ると賑やかな元町ショッピングストリートがあります。開港当時に山手外国人居住区と関内の業務地区を結ぶ通りであったため、今もなお文明開化の香りを残す異国情緒あふれる商店街です。日本で初めてのベーカリー「ウチキパン」や西洋家具店「ダニエル元町インテリアスタジオ」などは現在も営業しています。職人気質の老舗ブランドが立ち並ぶ元町ショッピングストリートは、まさに横浜の開港とともに誕生した歴史ある商店街として観光客にも地元の方たちにも愛されています。

元町ショッピングストリート

8、横浜港大さん橋国際客船ターミナル

元町入口から、再び「あかいくつ」に乗車し、横浜港大さん橋国際客船ターミナルへ。横浜の開港以後、波止場「象の鼻」に発する現「大さん橋国際客船ターミナル」は、6度の建設・増改築を経て7代目になります。外国・国内の大型客船が寄港する客船ターミナルは、世界の玄関口に相応しい、横浜の名建築のひとつ。景観と環境にやさしい屋上のウッドフロアで潮風に吹かれながら、みなとみらいの高層ビル、山下公園、横浜マリンタワー、横浜ベイブリッジなど360度にわたり、横浜の美しい景色が楽しめます。

横浜港大さん橋国際客船ターミナル

9、日本丸メモリアルパーク

客船ターミナルから、横浜の街並みに沈む美しい夕焼けを満喫した後は、再び「あかいくつ」に乗車し、桜木町駅前へ。桜木町駅からみなとみらい方面に歩くと、右手に見えてくるのが日本丸メモリアルパークです。昭和5年建造の美しい白い帆船が目印です。ここから、夜になると帆船日本丸と世界最大級の観覧車「コスモクロック21」のライトアップが見事です。

日本丸メモリアルパーク

10、横浜ランドマークタワー 展望フロア「スカイガーデン」

最後に訪れたいのが、横浜ランドマークタワー69階展望フロア「スカイガーデン」。眼下に広がる360度の大パノラマは、天気がいい日には、横浜だけでなく、東京タワーやスカイツリー、新宿新都心、富士山まで見渡せます。そしてもちろん、煌めくみなとみらい21の夜景と、船が行きかう港ならではの夜景も楽しみのひとつです。カクテルで乾杯!

横浜ランドマークタワー 展望フロア「スカイガーデン」 横浜ランドマークタワー 展望フロア「スカイガーデン」