ZOU-NO-HANA GALLERY SERIES vol.3 「田中昌樹展 ー海のお墓に住むー」

2020年11月17日更新

ZOU-NO-HANA GALLERY SERIES vol.3 「田中昌樹展 ー海のお墓に住むー」 

象の鼻テラスでは、2020年11月24日(火)から12月10日(木)まで、紙を使った軽やかで鮮やかな立体作品の展示 「田中昌樹展 ー海のお墓に住むー」を開催します。

象の鼻テラスでは、コロナ禍で表現発表の機会を失っているアーティストの支援のため、象の鼻テラスの大きなギャラリー壁で展開するギャラリーシリーズ(ZOU-NO-HANA GALLERY SERIES)をスタートさせました。同企画では、横浜を拠点に活動するアーティストを中心に展覧会を開催しています。

第3弾は、紙を使って軽やかで鮮やかな立体作品を制作する、横浜生まれ・在住のアーティスト・田中昌樹の横浜での初個展となります。同展は、アンスティチュ・フランセ横浜の文化担当を務める吉田紗和子氏のアーティスト推薦による企画です。

期間中は、アーティストが象の鼻テラス内に滞在して作品を制作し、展示を日々変化させていきます。象の鼻テラスの空間全体が展示空間となり、成長するように変化を続ける展覧会です。

開催日 2020年11月24日(火)~12月10日(木)
時 間 10:00~18:00(金・土は10:00~19:00)
場 所 象の鼻テラス
エリア 元町・山手・中華街・山下公園エリア
料 金 観覧無料
【会期中イベント】
■滞在制作
会期中、アーティストの田中昌樹が象の鼻テラス内のどこかで制作を行います。そして日々作られる作品は、展示に加えられていきます。
〔作品制作の休止日(予定)〕11月25日(水)、12月2日(水)

■ワークショップ「田中工作教室」
アーティストが工作教室の講師となる田中工作教室を開講します。自由な発想で思いのままに手を動かし作品を生み出す感覚をぜひ経験してください。
〔開催日時〕11月28日(土)、29日(日)、12月5日(土)、6日(日) 14:00〜15:00
〔対  象〕5歳以上
〔定  員〕5名
〔参加方法〕事前申込、先着順
〔申込方法〕https://zounohana.com/contact_workshop/
※参加の際は、検温・手指消毒・マスク着用にご協力ください。

【アーティストプロフィール】
田中昌樹 / Masaki Tanaka
1996年 神奈川県横浜市生まれ、在住。東京造形大学卒業。
主な個展として、2018年「ZONE」、「シケイン」(東京造形大学/東京)、「Assemble」(SYP art space/東京)。主なグループ展として、2018年「SLIDE」(CS-LAB/東京)、「Beginnner's luck」(mime /東京)、「SOLID SLIDER : street」(CS-LAB/東京)、「bud」(ZOKEIギャラリー/東京)、「gimmick overlap」(ターナーギャラリー/東京)、2020年「スピードRag」(gallery TOWED/東京)。企画に「When a Student Becomes an Artist」(mime /東京)など。

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

お問合せ 象の鼻テラス
電話番号 045-661-0602
URL
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)