Just Composed 2020 Winter in Yokohama ー現代作曲家シリーズー 時代を超える革新

2020年10月06日更新

※こちらのイベントは終了しております。

Just Composed 2020 Winter in Yokohama ー現代作曲家シリーズー 時代を超える革新 

横浜みなとみらいホールでは、2020年12月13日(日)に「Just Composed 2020 Winter in Yokohama ー現代作曲家シリーズー 時代を超える革新」を開催します。

今回は、横浜ともゆかりの深いヴァイオリニストの山根一仁さんを選定委員に迎え、ドイツを拠点に精力的に活躍し、昨年には芥川也寸志サントリー作曲賞を受賞した稲森安太己さんが作曲を担当しました。

稲森さんが、山根さんとピアニスト阪田知樹さんの名技性に触発されて作曲したという新曲は、ルネサンスの音楽理論書『音楽の詩学』(1606年)に書かれた「良い音楽」の条件から採った3つのフレーズを各曲のタイトルに掲げたもの。400年の時を超えて、古の音楽美が現代の音楽として浮かび上がります。

また、弦楽四重奏のために書かれた挾間美帆さんのJust Composed 2015委嘱作品がヴァイオリンとピアノのためのデュオとして生まれ変わり、挾間さんと山根さんが初共演するのも、注目ポイントです。

開催日 2020年12月13日(日)
時 間 16:30開場
17:00開演
場 所 横浜みなとみらいホール 小ホール
エリア みなとみらい21エリア
料 金 全席自由
一般 3,000円
Miraist Club 会員 2,700円
65歳以上の方・障がい者手帳提示の方 2,800円/学生 1,500円(※横浜みなとみらいホールチケットセンター窓口及び電話のみ取扱い)
【出演者】
山根一仁(ヴァイオリン)
阪田知樹(ピアノ)
挾間美帆(ピアノ)

【プログラム】
シュニトケ: ヴァイオリン・ソナタ第1番
J. S. バッハ: ヴァイオリン・ソナタ第4番 ハ短調 BWV 1017
挾間美帆: CHIMERA (Just Composed 2015 委嘱作品/2020Winter編曲委嘱|初演)
稲森安太己: Motus intervallorum (Just Composed 2020 Winter委嘱作品|初演)
ナッセン: ヴァイオリンとピアノのための《反射》
タンスマン: ヴァイオリンとピアノのための幻想曲

【Just Composed 2020 Winter 選定委員】 
白石美雪、池辺晋一郎、山根一仁

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

お問合せ 横浜みなとみらいホールチケットセンター
電話番号 045-682-2000
URL
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)