バーチャル版芸術フェスティバル 「横浜WEBステージ」

2020年09月08日更新

バーチャル版芸術フェスティバル 「横浜WEBステージ」 

横浜みなとみらいホールは、新型コロナウイルス感染症の影響で活動の場が減少しているアーティストへの支援として、これまでにない芸術の楽しみ方を提供する、バーチャル版芸術フェスティバル 「横浜WEBステージ」を2020年9月1日(火)から2021年2月27日(金)までの期間限定で開設しています。

横浜みなとみらいホールをメイン会場として、最新技術を用いた撮影方法によりアーティストのパフォーマンスを収録し、多様な動画コンテンツを制作、配信。誰もが好きな時間にコンサートホールを訪れ、自由に 鑑賞することが可能です。

今後起こりうる様々なリス クを想定し、柔軟に芸術表現や鑑賞のメディアを替えていく、新しいフェスティバルを体験できます。

開催日 2020年9月1日(火)~2021年2月27日(金)
場 所 オンライン
エリア その他エリア
料 金 無料(通信料が別途かかります。)
【配信コンテンツ(一部)】
① アニメ 「鬼滅の刃」 オープニング テーマ :「 紅蓮華 」
ヴァイオリンに特別に固定された小型カメラやホール上空を飛ぶドローンからの撮影映像を編集。全く新しい視点で見られます。
視聴映像:ドローン(鳥の目)、小型広角カメラ(虫の目)
演奏:﨑谷直人(ヴァイオリン)、山中惇史(ピアノ)

② ヘンデル:調子のよい鍛冶屋
高さ・奥行それぞれ12mにも及ぶ横浜みなとみらいホールのパイプオルガンに小型広角カメラを設置。楽器の複雑な構造と普段間近では難しいオルガニストの姿が見られます。
視聴映像:9分割画面(虫の目)
演奏:浅井美紀(オルガン)

※コンテンツは順次追加されます。

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

お問合せ 横浜みなとみらいホール
電話番号 045-682-2000
URL
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。