音楽劇「銀河鉄道の夜2020」

2020年09月02日更新

音楽劇「銀河鉄道の夜2020」 

KAAT神奈川芸術劇場では、2020年9月20日(日)から2020年10月04日(日)まで、音楽劇「銀河鉄道の夜2020」を上演します。

この作品は、宮沢賢治の代表作「銀河鉄道の夜」を題材に、1995年青山劇場開館10周年記念事業として上演された「イーハトーボの音楽劇『銀河鉄道の夜』」を新たなプロダクションとして再生するものです。初演当時、青山劇場で上演されると大きな話題を呼び、宮沢賢治生誕百年の翌年には、早々に再演されました。作家・演出家である能祖將夫さんが上演台本、音楽監督をヴァイオリニストであり作曲家・編曲家の中西俊博さんが務め、シンガーソングライターさねよしいさ子さんが作詞・作曲に加え、精霊・アメユキ役で出演。また、舞台美術を演劇実験室「天井桟敷」の美術監督として、後期寺山修司さん全作品の舞台装置・機械・衣装・メイク等を担当した小竹信節さんが担当するなど、芸術監督・白井晃さんを含め、当時30代~40代の若手スタッフが再集結、さらに新たなクリエイティブスタッフを加え、2020年にふさわしい「音楽劇『銀河鉄道の夜2020』」が誕生します。

孤独な少年ジョバンニ役は、2012年のデビュー以来、多くの東宝ミュージカルなどで活躍する木村達成さん。本作がストレートプレイ初挑戦です。ジョバンニと一緒に銀河鉄道の旅をするジョバンニの幼馴染のカムパネルラには、昨年は映画3本、今年はドラマ4本に出演し進境著しい劇団EXILEの佐藤寛太さん、ジョバンニの学友ザネリ・青年には、谷賢一さんや森新太郎さんらの演出作品を始め数々の舞台にも出演する宮崎秋人さん、男(ケンジ)には、多くの映画やTVドラマで活躍、舞台では白井晃演出の「溺れた世界」「No.9」にも出演し白井からの信頼も厚い岡田義徳さん。

アメユキは、青山劇場での初演・再演で作詞・作曲に加え、精霊・アメユキ役で出演したシンガーソングライターのさねよしいさ子さんが演じます。

開催日 2020年9月20日(日)~9月22日(火・祝)、9月25日(金)~9月27日(日)、9月30日(水)、10月2日(金)~10月4日(日)
時 間 開演 14:00
※10月4日(日)のみ13:00
場 所 KAAT神奈川芸術劇場 ホール
エリア 元町・山手・中華街・山下公園エリア
料 金 【全席指定】
S席7,500円/A席5,000円
U24チケット(24歳以下):3,750円
高校生以下割引:1,000円  
シルバー割引(満65歳以上):7,000円 
※U24、高校生以下、シルバー割引はチケットかながわの電話・窓口・WEBにて8月29日より取扱い(前売のみ、枚数限定、要証明書)
【原  作】宮沢賢治
【脚  本】能祖將夫 音楽監督:中西俊博
【舞台美術】小竹信節 歌:さねよしいさ子
【演  出】白井晃
【出  演】木村達成 佐藤寛太 宮崎秋人 / 岡田義徳

      さねよしいさ子 明星真由美 有川マコト 伊達暁
      飯森沙百合 伊藤壮太郎 黒田勇 西山友貴 山口将太朗 
【ミュージシャン】
新澤健一郎(キーボード)、柴田奈穂(バイオリン)、小夜子(バイオリン)、ファルコン(ギター)、木村将之(ベース)、海沼正利(パーカッション)

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

お問合せ チケットかながわ
電話番号 0570-015-415
受付時間 10:00~18:00
URL
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)