トライアローグ:横浜美術館・愛知県美術館・富山県美術館 20世紀西洋美術コレクション

2020年10月21日更新

トライアローグ:横浜美術館・愛知県美術館・富山県美術館 20世紀西洋美術コレクション 

横浜美術館では、2020年11月14日(土)から2021年2月28日(日)まで、企画展「トライアローグ:横浜美術館・愛知県美術館・富山県美術館 20世紀西洋美術コレクション」を開催します。

横浜美術館、愛知県美術館、富山県美術館――3つの大型公立美術館所蔵の20世紀西洋美術による、3館共同企画の展覧会です。 この3館は、1980年前後の日本で起こった、いわゆる美術館建設ラッシュを象徴する美術館です。

それぞれが多様性に富んだコレクションを有していますが、いずれの美術館も近現代の西洋美術を収集の柱のひとつとし、またその分野に美術館の「顔」となる作品が多く含まれる点で共通しています。

同展では、3館が誇る西洋美術コレクションから、ピカソ、クレー、ミロ、エルンスト、ダリ、マグリット、ポロック、ベーコン、ウォーホル、リヒターなど、20世紀美術史を彩った巨匠たちの作品を厳選し、絵画を中心に約120点を紹介します。 3つの公立美術館コレクションが競演する同展は、欧米の近現代美術の粋を楽しむと同時に、日本の美術館が競いあうように繰り広げてきた西洋美術収集の足跡と、その結果日本にもたらされた豊かな資産を再確認するまたとない機会となります。

開催日 2020年11月14日(土)~2021年2月28日(日)
※休館日:毎週木曜日(2月11日を除く)、年末年始(12月29日~1月3日)、2月12日
時 間 10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)
場 所 横浜美術館
エリア みなとみらい21エリア
料 金 ◆日時指定予約制(9月18日 10:00発売)
一般 1,500円、65歳以上(要証明書) 1,400円、大学・専門学校生 1,100円、中高生 500円、小学生以下 無料
※入場無料の方もオンライン日時指定予約が必要です
◆同展のみどころ
①各館が誇る珠玉の20世紀西洋美術コレクションが一堂に!
ピカソをはじめとするモダン・マスターから、ウォーホル、リヒターら第二次世界大戦以降の現代アートの巨匠にいたる約60作家の名品が集結!

②トライアローグって?
3者による会談を意味します。各地域を代表する公立美術館3館が共同企画する同展では、各館の学芸員が長い時間をかけ話し合いを重ねることで、それぞれのコレクションを有機的に接続し、欧米の20世紀美術を概観するためのラインナップを紡ぎあげていきました。このタイトルにちなみ、同展では「3」という数字をキーワードとして、展示構成を「3章立て」「30年区切り」で展開します。

③3館共同企画ならではの視点
3館のコレクションを持ち寄ると、互いの相違と共通点とが浮かび上がります。それぞれのコレクションの厚みのある部分は前面に押し出し、手薄な部分は補い合う――各館のコレクションの重点を置く時代・地域のバランスが異なるからこそ、同展の充実した展示構成が可能となります。

※横浜美術館は、同展を最後に大規模改修工事のため、2021年3月から2年超の長期休館に入ります。

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

お問合せ 横浜美術館
電話番号 045-221-0300
受付時間 10:00~18:00(休館日を除く)
URL
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)