企画展「澄川喜一 そりとむくり」

2019年12月17日更新

企画展「澄川喜一 そりとむくり」 

横浜美術館では、2020年2月15日(土)~5月24日(日)の期間中、企画展「澄川喜一 そりとむくり」を開催します。

戦後の抽象彫刻のパイオニアとして、公共の大規模プロジェクトを含む多彩な創作を展開してきた澄川喜一(すみかわ・きいち)。作家としての活動期間は優に60年を超え、今なお創作意欲はおとろえることを知りません。この展覧会は、澄川喜一の創造の原点、展開と到達点を明らかにする首都圏の公立美術館においては初の大規模な回顧展です。

木彫の巨匠・平櫛田中(ひらくし・でんちゅう)や塑像の第一人者・菊池一雄から彫刻の基本を学び、具象的な造形を出発点としながら、やがて日本の伝統美に深く共鳴する幾何学的な抽象彫刻「そりのあるかたち」シリーズに転じていく、その理知的な展開を検証します。

【開催期間】
 2020年2月15日(土)~5月24日(日) ※木曜日休館
【開館時間】
 10:00~18:00(入館は17:30まで)
 ※5月の金曜・土曜は20:00まで(入館は19:30まで)
【会  場】
 横浜美術館
【料  金】
 当日券:一般1500円、大学・高校生900円、中学生600円
 ※小学生以下無料
 ※毎週土曜日は高校生以下無料(要生徒手帳、学生証)

<お問合せ>横浜美術館 TEL:045-221-0300

※2019年12月16日掲載

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

実施日 2020/2/15(土)~5/24(日)
※休館日を除く
場 所 横浜美術館
エリア みなとみらい21エリア
URL
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)