TPAM 国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2020

2019年11月27日更新

TPAM 国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2020 

TPAM(ティーパム、国際舞台芸術ミーティング in 横浜)は、同時代の舞台芸術に取り組む国内外のプロフェッショナルが、公演プログラムやミーティングを通じて交流し、舞台芸術の創造・普及・活性化のための情報・インスピレーション・ネットワークを得る場です。

1995年に「芸術見本市」として東京で開始し、2011年より「創造都市」横浜で開催。近年はアジア・フォーカスを強化し、アジアとの共同製作にも参画。20年以上の歴史を経て、アジアで最も影響力のある舞台芸術プラットフォームのひとつとして国際的に認知されています。

【開催期間】2020年2月8日(土)~2月16日(日)
【主な会場】
 KAAT神奈川芸術劇場
 Kosha33(神奈川県住宅供給公社)
 横浜市開港記念会館
 横浜ボートシアター
 クリフサイド
 関内新井ホール
 横浜赤レンガ倉庫1号館
 Amazon Club
【料 金】
 ①一般:0~3,500円(公演により異なります/2020年1月11日(土)販売開始)
 ②プロフェッショナル:5,000円(事前登録制/オンライン登録〆切2020年2月3日(月))

【プログラム】
●TPAMディレクション
プロフェッショナルのための国際プラットフォームであるTPAMならではの、アジアと世界の舞台芸術の動向をいち早く反映する公演プログラム。上演、観賞、参加を通して同時代の舞台芸術の可能性を多角的に考察するため、多様なバックグラウンドのディレクターと協力して組まれるラインナップは、一般の方も観覧可能です。

●TPAMエクスチェンジ
作品やプロジェクトを紹介し合う、テーマを設定してミーティングを主催する、舞台芸術の状況をめぐるディスカッションに参加する — 新しい情報を得てネットワークを広げるために様々に活用していただける、TPAMのベースとなるプログラムです。プロフェッショナルの関心に特化した一部のプログラム以外は、一般の方も参加できます。

●TPAMフリンジ
TPAM会期中に横浜・東京エリアで実施される公演やプロジェクトを公募し、TPAMに参加するプロフェッショナルと一般のお客様にご紹介するプログラム。海外公演の機会や新しい観客層を開拓するためのツール/新しい才能や作品に出会うためのプラットフォームです。一般のお客様は各公演のお取り扱い先でチケットをお求めください。
※詳しくは下記「イベントホームページへ」をご覧ください。

<お問合せ>国際舞台芸術ミーティング in 横浜 事務局 TEL:03-5724-4660

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

実施日 2020/2/8(土)~2/18(日)
場 所 KAAT神奈川芸術劇場、Kosha33(神奈川県住宅供給公社)、横浜市開港記念会館、横浜ボートシアター、クリフサイド、関内新井ホール、横浜赤レンガ倉庫1号館、Amazon Club
エリア みなとみらい21エリア
URL
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。