ヨコハマトリエンナーレ2020 「AFTERGLOW ー 光の破片をつかまえる」 Yokohama Triennale 2020 “AFTERGLOW”

2020年07月29日更新

ヨコハマトリエンナーレ2020 「AFTERGLOW ー 光の破片をつかまえる」 Yokohama Triennale 2020 “AFTERGLOW” 

横浜トリエンナーレ組織委員会は、2020年7月17日(金)から10月11日(日)まで、「ヨコハマトリエンナーレ2020 「AFTERGLOW ー 光の破片をつかまえる」」を開催します。
※新型コロナウイルス感染症拡大のため、開幕日が7月3日(金)から7月17日(金)に変更になりました。

横浜トリエンナーレは3年に1度行われる現代アートの国際展です。『創造都市』として築いている、横浜ならではのまちの力と一体的に推進し、まち全体で祝祭性を高めます。

ヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOW―光の破片をつかまえる」を企画するのは、インドのニューデリーを拠点とする3人組アーティスト集団「ラクス・メディア・コレクティヴ」です(初の外国人ディレクター!)。同展のために新たに制作される作品やプロジェクトを多数紹介し、いま、最も刺激に満ちた現代アートを楽しむことができます。

開催日 2020年7月17日(金)~10月11日(日)
※毎週木曜日は休場(7月23日、8月13日、10月8日を除く)
時 間 10:00~18:00
※10月2日(金)、3日(土)、8日(木)~10日(土)は21:00まで
※10月11日(日)は20:00まで
場 所 横浜美術館、プロット48
エリア みなとみらい21エリア
料 金 【日時指定の事前予約制】
一般 2,000円、大学生・専門学校生 1,200円、高校生 800円、中学生以下 無料
【参加アーティスト】
 65組(66名+1グループ)※2020年6月現在
 ※うち1980,90年代生まれが35名
 ※アジア31組、ヨーロッパ14組、中東8組、アフリカ4組、大洋州4組、北米1組、中南米2組(1組は未公表)

【アーティスティック・ディレクター】
 ラクス・メディア・コレクティヴ(Raqs Media Collective)

【5つのキーワード】
・「独学」たくましく学ぶ
・「発光」学んで世界へと光を送る
・「友情」光の中で友情を育む
・「ケア」互いに慈しむ
・「毒」否応なく存在する毒と共存する

【会場住所】
①横浜美術館
 住所:横浜市西区みなとみらい3-4-1
②プロット48
 住所:横浜市西区みなとみらい4-3-1(みなとみらい21中央地区48街区)

◆関連プログラム
・オンライン・トーク「飯川雄大の思考をつかまえる」
人の認識の不確かさや、社会の中で見逃されがちな事象に注目し、鑑賞者の気づきや能動的な反応を促すような作品を制作するアーティストである飯川雄大と、ヨコハマトリエンナーレ2020企画統括の木村絵理子のトークプログラムです。
〔開催日〕8月30日(日) 14:00~15:30
〔場 所〕オンライン(web会議システムZoom)
〔対 象〕15歳以上
〔定 員〕30名(事前申込制、応募者多数の場合は抽選)
〔参加費〕無料
〔申 込〕下記URLから申し込み(8月18日〆切)
https://www.yokohamatriennale.jp/2020/event/20200708/

◆公式グッズ(いずれも税込)
・トートバック 1,500円
・クリアファイル 385円
・ノート 440円【ノート5色】
※開幕割引セット 2,000円(税込)
 7月17日(金)~19日(日)店頭限定販売
 トートバッグ、クリアファイル、ノート各1部のセット(通常より325円お得)

◆関連グッズ販売情報
・プロット48ショップ
〔営業日〕7月17日(金)~10月11日(日) 10:00~18:00 ※7月23日、8月13日、10月8日を除く毎週木曜日休場
〔場 所〕プロット48 内(横浜市西区みなとみらい4-3-1)
〔店舗数〕参加クリエイター 44組
〔お問合せ〕(株)エクスポート TEL:045-224-4785

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

お問合せ 横浜トリエンナーレ組織委員会事務局(ハローダイヤル)
電話番号 050-5541-8600
受付時間 8:00~22:00
URL
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)