認定事業一覧

平成25年度12月認定 (3件) ↑ このページの1番上に戻る
「冬のロマンティック横浜ステイ♪」横浜送客プロモーション

「冬のロマンティック横浜ステイ♪」横浜送客プロモーション

株式会社ベネフィット・ワン

有 料会員制度の福利厚生会員企業およびその従業員(約571万人)に対し、会員専用ホームページ(WEB・スマホ)・メルマガ・チラシを活用し、横浜エリア への宿泊の誘客を図る事業。冬の閑散期対策として「ロマンチック」な横浜をPRします。宿泊商品は、お手頃価格プラン・夜景満喫プラン・ゆっくり滞在プラ ンの3プランを柱に、横浜の魅力を存分に満喫できる宿泊プランを紹介し需要喚起を図ります。また、あわせて周辺の日帰り施設(レジャー・スパ・レストラ ン)も紹介することで、滞在型、周遊型の横浜観光プランを提案し、利用誘引を見込みます。

横浜“愛”の1DAYきっぷ キャンペーン

横浜“愛”の1DAYきっぷ キャンペーン

京浜急行電鉄株式会社

み なとみらい・山手エリアの人気8施設と提携し,期間限定の優待特典が受けられる、大切な人と過ごす1日「横浜“愛”の1DAYきっぷ」 キャンペーンを実施します。京浜急行電鉄発行の企画乗車券「横浜1DAYきっぷ」を購入し,提携施設にて提示するとプレゼントや特典を受けることができま す。また、キャンペーンリーフレットに“冬(クリスマス)~春”の横浜ならではのイベント紹介を盛り込むことで,期間中のリピーター獲得を図ります。あわ せて,「横浜“愛”の1DAYきっぷ」を購入した方に“大切な人”への想いを記入する専用応募用紙をお渡し、選ばれた100人の想いを3月1日から 「KEIKYU LOVE BOARD」(京浜急行横浜駅中央改札口)に飾ります。

横浜エリアへの誘客 着地型回遊施策

横浜エリアへの誘客 着地型回遊施策

東日本旅客鉄道株式会社 横浜支社

横 浜エリアの名所や風景(夜景)等をブランディングのイメージとした宣伝物やクーポンを作成して、JR東日本管内全域でPRを実施します。横浜ブランディン グ事業は12月と2月以降、2回に亘り実施します。また、26年2月に横浜線にE233系車両がデビューすることを契機に実施する沿線での取組や、戸塚駅 や鶴見駅の近隣エリアでのウォークラリーなどは、横浜の新たな観光資源発掘につながります。多方面から横浜観光捉えた着地型回遊施策事業として、新たな横 浜ファンの獲得や広域エリアでのプロモーションにより誘客拡大が見込まれる事業です。

平成25年度
10月認定 (4件)
↑ このページの1番上に戻る

劇場映画「ヨコハマ物語」を活用した集客プロモーション

株式会社テレビ神奈川

映 画「ヨコハマ物語」は横浜が舞台の映画で、主人公(奥田暎二さん)は日産スタジアムやマリノスタウンの芝を管理するグリーンキーパーという役どころ。横浜 F・マリノスの中澤佑二選手が本人役で登場するほかサポーターら約300人がエキストラとして参加している。定年退職をした日に妻を亡くした60歳の男性 (奥田暎二さん)が、若い女性4人(北乃きいさんら)とシェアハウスで共同生活をする物語。映画とサッカーの「ヨコハマ物語×横浜F・マリノス」 コラボ チケット(前売り)などでサッカー観戦後、映画観賞後横浜の街への誘導し、ロケ地マップで撮影スポットの回遊性を高めている。エンターテイメントとスポー ツで横浜の街を盛り上げるプロモーション企画。映画「ヨコハマ物語」は11/16(土)ロードショー。横浜ブルク13より全国順次公開予定!

「Yokohama Cocktail -150」(ヨコハマ カクテル バー150)の展開による横浜のバー文化、カクテル文化及び横浜市の魅力の発信

アサヒビール株式会社 横浜統括支社

横 浜で日本初のバー誕生から150年を記念して作成した、アサヒビールオリジナルカクテル「Yokohama Cocktail -150」(ヨコハマ カ クテル バー150)。3月の私鉄相互乗り入れ開始により横浜を訪れる多くの観光客に、このカクテルを窓口とし、横浜のバー文化とカクテル文化を広くプロ モーションし、横浜市の魅力をアピールする事業です。カクテル名の「-150(バー150)」に因んで、”15=いちご”のリキュールをベースにクリスマ スに向けて新しいレシピで作成したカクテルをご紹介します。

横浜コミュニティサイクルbaybike baybike de宝探しin 横浜

株式会社 NTTドコモ

横 浜コミュニティサイクル「baybike」とは、街の中に複数のサイクルポート(貸出・返却拠点)を設置して、どこのサイクルポートでも自転車の貸し出し 返却が自由に行えるシステムです。この「baybike」を利用する宝探しイベントを横浜市臨海部(横浜駅東口~みなとみらいエリア)半径5キロ圏内にて 実施。横浜の歴史を自然に勉強しながら、歴史にまつわる謎を解いていきます。問題を解き進み最後の謎を解くと、宝箱(ストーリーの内容に出てくる宝)の場 所を示す地図とヒントが出現。この地図とヒントを元にお宝を探し、見事発見できればミッションクリアです。クイズ正解者には豪華賞品をプレゼントするゲー ムをフックに横浜観光の推進する事業です。

地域回遊企画クイズラリー

株式会社 横浜赤レンガ

小 学校低学年をターゲットに、春(3/30~5/6)に続き、冬の閑散期の集客対策として横浜市内の施設を回遊していただく企画のクイズラリーを開催。横浜 赤レンガ倉庫・カップヌードルミュージアム・原鉄道模型博物館・横浜マリンタワー・大さん橋・横浜八景島シーパラダイスの6施設が参加する第4回目の地域 回遊企画クイズラリーは12/1(日)~1/31(金)期間、各施設内にクイズを記載した冊子を設置し、施設間の相互送客を図るとともに来訪者の周遊性を 高め、一日中横浜を楽しんでいただける事業です。

平成25年度4月認定 (13件) ↑ このページの1番上に戻る
旅行部門 エースJTB

2013JTB国内募集型企画旅行 エース商品「お手頃価格」

株式会社ジェイティービー

JTB 国内募集型企画旅行エース商品による『お手頃価格』の造成。関東・新潟を中心とした東日本エリアにて輸送手段を含めた宿泊パッケージプラン。スペシャル デーやお得金曜日・早期申込割引等の特典に加え、元町で使える利用券など観光施設や飲食施設で使えるステイ横浜クーポンなどうれしい得典が付いた商品。

メイト商品「THE東京・横浜」

近畿日本ツーリスト株式会社 

横浜のホテル宿泊と全国各地からの交通手段をセットした宿泊企画商品。半期毎に北海道・東北・新潟・首都圏・中部・北陸・関西・中四国・九州の各地にてパンフレット展開。オプショナルツアーも充実し、いままで以上に横浜の総合観光宿泊プランとして商品造成を図る。

赤い風船商品「東京・横浜ホテルコレクション」

株式会社日本旅行

日 本旅行国内募集型企画旅行「赤い風船」による『東京・横浜ホテルコレクション』内で横浜を専用販売する『横浜おすすめホテル』の商品造成。宿泊に関する情 報だけでなく本来横浜が持つ観光素材(食・観光・ショッピング等)を最大限にアピールし、横浜らしさが好評の「ディナークルーズ」「中華街夕食」に「宿 泊」をセットしたプランをお客様に提供することにより、宿泊需要喚起を図る。

ANAスカイホリデー商品 「made in TOKYO 東京&横浜」

ANAセールス株式会社

着 地提案型商品として東京ならではの魅力を地方に発信する「made in TOKYO」の中に、横浜の魅力も合わせて紹介する。航空機を利用して東京へ観光に来られるお客様に対して、横浜を掲載することによる相乗効果・誘客が期 待できる。参加者にはもれなく横浜MAPをプレゼントして、利便性の向上を図る。

ジャルパック横浜地区強化旅行商品「東京ストーリー プラス横浜 」

株式会社ジャルパック

『JAL東京ストーリー プラス横浜』において、横浜の「宿泊」・「観光素材」を設定し商品化。夜景評論家丸々もとお氏プロデュース「夜景観光素材」を継 続設定することにより、横浜の宿泊までを含めた滞在強化を実施。ホームページ内「旅したい」でも丸々もとお氏を起用した横浜夜景の紹介で、横浜滞在の魅力 を伝え、ツアー商品サイトへの誘導を行い横浜への集客を図る。

横浜観光プロモーション

株式会社エイチ・アイ・エス

㈱エイチ・アイ・エス(HIS)が国内宿泊サイト『スマ宿』を使って、横浜の魅力、情報を発信します。 モデルコースを作成しHISホームページ内、スマ宿ページ内に掲載する事でHIS、スマ宿会員への横浜観光の認知度をあげる事業。

「日帰りも宿泊も横浜で!来なよ 横浜 送客プロモーション」

株式会社プラップジャパン

法人向け福利厚生倶楽部を活用し、横浜の魅力を冊子・WEB・メールマガジンで全国約800万人に情報発信します。宿泊&周遊環境向上を目指す事業。

Yokohama Seasider Magazine

株式会社 Bright Wave Media

横浜唯一のバイリンガル(日英)の月刊情報誌。横浜市内各所で配布され、横浜市民のみならず、国内外から横浜を訪れる観光客にも支持されています。

「横浜アートめぐり」アプリ2013

株式会社廣済堂

美 術館・博物館が多く存在する横浜で、スマートフォン対応の「横浜アートめぐりアプリ」を2011年、2012年とリリースし、ユーザーにもアプリとしての 存在が確実に定着してきており、美術館・博物館の集客促進並びに、一般商業施設への集客にも貢献しています。2013年度版はさらなる機能向上を図るとと もにアプリを無料化し、ダウンロード数を増やすことで各施設の集客を強化します。

テレビ番組「横濱ツウ!!」による横浜情報の発信

株式会社 ジュピターテレコム 関東メディアセンター

「横 濱ツウ!!」は、J:COMのコミュニティチャンネルで放送している、全国エリアを包括ターゲットとした”横浜発”の人気情報。歴史・文化・景観・人・グ ルメなど、魅力ある横浜の観光資源を多面的に紹介することで、「横浜への集客力」及び「横浜ブランドイメージ」の向上を目指す。平成25年度は、全国への 横浜情報発信力を高め、横浜への更なる集客誘引を見込みます。

ヨコハマカクテル推進事業

社団法人日本バーテンダー協会 横浜支部/社団法人ホテルバーメンズ協会 西関東支部

カ クテルは「アートという個性」をもちながらも広く親しまれる「おもてなし性」をもつことで多様なPRを行うことができます。当事業では横浜芸術アクション 事業(横浜アーツフィスティバル実行委員会)と連携し積極的にそのPRの可能性を開拓しながら、横浜芸術アクション事業を広め、また横浜にカクテルという 夜の観光事業PR(恋する横浜)としても活動する事業です。

「便利になった電車で横浜エリアに遊びに行こう」東急東横線、東京メトロ副都心線 相互直通運転企画プロモーション

東京急行電鉄株式会社

3 月16日に東急東横線、東京メトロ副都心線の相互直通運転開始に向けたプロモーション企画として、交通ICカード(PASMO、suica)を活用した 「東急東横線のるるんラリー」や、渋谷から横浜まで各駅周辺の主な施設や名所をPRするパンフレットやラッピング電車で、西武・東武・メトロ沿線にてア ピールし、横浜まで誘客する事業。

横浜ジェリービーンズ倶楽部

横浜信用金庫

「1 粒もおいしいけど、集めてみると虹みたいにステキな街:横浜」…これがニックネーム『ジェリービーンズ』のコンセプト。横浜ジェリービーンズ倶楽部は、横浜の価値を高めるために幅広くマーケティングを実践し、地域情報誌『横浜ルネサンス』の発行やコンサートの開催により、横浜の情報発信とミュージシャンのファンを誘致する事業などを展開します。

↑ ページトップへ