賛助会員リレートーク

横浜の観光・コンベンション振興に携わる賛助会員の事業者様をご紹介いたします。

Vol.28 株式会社横浜シミズ 制作部 営業課 課長 木村 祐介 様
 

木村 祐介 様

演出や会場設営など、イベントを行う上で欠かすことのできない業務を担われている木村さんにお話を伺いました。

(2014年7月3日)







---------入社のきっかけを教えてください----------------

もともと音楽関係の専門学校に通っていたので、音楽関係の仕事に就きたいというのは考えていました。
そこでいろいろと業界のことを調べていくうちに、当社のことを知り、縁があり入社しました。

---------現在のお仕事の内容を教えてください----------------

当社の業務のメインとして、会場設営と警備の二つがあげられます。イベントを開催するためには会場の設営が必要ですし、そのイベントを運営するためには案内・誘導・整理など警備部門が必要になってくるのです。
私は制作部ということで、例えばコンサートであればどんな演出で、どんなセットを使うのか、お客様と相談をしながらデザインし、図面を作っていきます。そして、実際に現場の設営をし、本番を迎えるのです。

---------お仕事をするうえで心がけていることや大切にしていることを教えてください---------

会社としては、当然利益を上げることも大事なのですが、お金だけが全てではありません。やはりお客様とWIN-WINの関係をどれだけ築けるか、ということがとても大事だと考えています。
その時によって状況は様々ですが、お客様と協力し、助け合っていける環境を作っていきたいと考えています。


---------横浜のおすすめスポットや好きなところを教えてください---------

酒飲みなので、吉田町や常磐町にある、ハードロックやヘビメタが店内にかかっているバーへ行くのが好きですね。
もともと音楽が好きで、このようなバーへ行くのですが、お店がら、あまり知られていない場所が多いので、もう少し皆さんに認知してほしい、繁盛してほしいと思っています。こういった非大衆的な店こそ頑張ってもらいたいです。
有名どころの観光地もいいですが、個人的には関内エリアがもっともっと盛り上がってほしいと思っています。

---------休日には何をして過ごしていますか---------

外に食事やお酒を飲みに行くことが多いです。また、 歴史が好きで、特にお城に興味があるのでまとまった休みが取れた時には、遠出をして城や旧跡めぐりなどをします。近場や有名どころは大体行きつくしてし まったので、もっとマイナーな場所などに積極的に足を運びたいと思います。

---------今後の目標を聞かせてください---------

私たちの業界は、「誰かが何処かでイベントやコンサート などを興し発注が来るのを待つ」または「仕事を貰いに営業をかける」というスタンスが現状です。限られたパイの奪い合いであり、やや受動的なようにも思い ます。自社でイベントを企画、制作をして初めから終わりまでを一貫して自社で行えるようにしていければ、リスクも広がりますが事業としての可能性も広がっ ていくように思います。
あと全く個人的なただの願望ですが、松本城の天守みたいなものを美術セットとして造ってみたいですね。

---------ありがとうございました------