賛助会員リレートーク

横浜の観光・コンベンション振興に携わる賛助会員の事業者様をご紹介いたします。

Vol.13 一般社団法人横浜青年会議所 高見澤 尚弘 様

 

高見澤 尚弘様

「修練」「奉仕」「友情」という3信条を活動の基本として20歳から40歳までの会員で構成され、横浜を中心に活動されている一般社団法人横浜青年会議所の理事長である高見澤 尚弘様にお話を伺いました。

(2013年4月19日)


---------横浜青年会議所に入会したきっかけを教えてください---------

私の本業は横浜で事業を行っている会社です。父の勧めで会員との交流で視野を広げ、自分自身を成長させるために入会しました。


---------お仕事をするうえで心がけていることや大切にしていることを教えてください---------

青年会議所の理事長として、また自分が経営する会社を含めて、人との関わり合いを誠実にすることです。そういった意味では理事長職と会社経営は似ています。また、この二つは自分を活かせる環境だと思います。

----横浜青年会議所は様々なイベントを行っていますが、おすすめのイベントがあれば教えてください----

6月8日、9日に横浜開港祭を行います。港町横浜を横浜市民の五感に訴えていく行事にしたいと思います。
  また7月20日、21日は日本青年会議所のサマーコンファレンスが横浜で行われます。日本各地から来る地域の青年会議所の会員のために横浜のイメージ向上に役立てたいと考えています。


---------横浜のおすすめスポットや好きなところを教えてください---------

屋形船から見る、みなとみらいの風景です。お酒を飲んでいて見られないこともありますが。(笑)

---------休日には何をして過ごしていますか---------

家族と過ごしています。温泉に行ったり、横浜の街を散策したりとリラックスをして英気を養っています。

---------今後の目標を聞かせてください---------

青年会議所の活動にしても、仕事にしても自分の“器”以上のことはできないと思っています。そのため自分の“器”を大きくするために、様々な経験を通じて自分の成長の糧としていきたいと考えています。

---------ありがとうございました------