横浜観光親善大使レポート 元町 MIHAMA

元町 MIHAMA

横浜の代表的なショッピングストリートと言えば元町、開港当時に山手外国人居住区と関内の業務地区を結ぶ通りであった為、 今もなお文明開化の名残ある異国情緒あふれる商店街として観光客から地元の市民まで愛されています。 そんな独特な雰囲気が残る元町ショッピングストリートには、ヨコハマブランドを守り続けるお店が建ち並んでいますが、 その中でもめまぐるしく移り変わる流行に流されることのない老舗の靴屋さん「MIHAMA」にお邪魔しました。

高級感漂う店内には一つ一つ細部までこだわり抜いた靴が並び、どんな靴に出会えるのか、ワクワクと胸が高鳴るお店です。創業当時は、お客様一人一人にあった木型を作り、 提供するオーダーメイドのお店でした。当時から大切に築き上げてきた安心感と信頼感が今現在のミハマを支えているとのことです。 これは親身に靴選びからお直しまで対応して下さるスタッフの方々の心意気にも表れています。

今回インタビューさせて頂いたのは市野昇二店長。MIHAMAのこだわりをお聞きすると、履き心地と健康的な美脚を作り出すデザインとのこと。 足をきれいにすっきり見せるポイントは浅いカットで、これはMIHAMAが長年の経験の中から紡ぎだしたものです。まさに履き心地抜群で、 履いている私たちを凛とした姿勢に自然にさせるそんな魔法の靴がここにはあります。

店内の螺旋階段を上がると歴代のMIHAMAの靴が展示されているのですが、今すぐにでも履いて自慢したいデザインばかりで心躍りました。 残念ながら購入することは出来ないのですが、それぞれの靴が作られた当時の時代背景であったり、お客様の思い出を蘇かえらせる作品となっています。

市野店長はこれからもお客様の声を生かし、MIHAMAならではの横浜のハイカラさを醸し出すデザインと流行を取り入れた新しいデザインを開発し、 MIHAMAファンを増やす努力して行きたいと熱く語っていらっしゃいました。 是非みなさま、元町の伝統ある老舗MIHAMAを訪ねて、元町でしか出会えないみなさまだけの一品をお探しください。