人気の観光エリア 中華街・山下公園 エリアマップに戻る

山下公園は1923年に起きた関東大震災の復興事業として、震災の瓦礫を使って埋め立て造成された公園です。戦前豪華客船として太平洋航路を航海していた氷川丸が引退後、博物館として係留されています。

公園通りには歴史的建造物の「ホテルニューグランド」や、世界一の高さを誇る灯台としてギネスブックにも載った「マリンタワー」、世界各国の人形を展示している「横浜人形の家」などの観光施設が並んでいます。

中華街は開港後、西洋人とともに一緒に来た中国人の外商が商売を始め、その後増加する中国人とともに次第に形成されていきました。
関羽を商売繁盛の神様として祀った「関帝廟」や、あらゆる神様を祀った「媽祖廟」があり信仰の対象となってします。最近では中国料理に限らず韓国・タイ・ベトナムなどアジア各国の食材や料理を扱うお店が増えてきています。

中華街・山下公園の施設一覧