横浜市長表敬訪問

増汐 桃菜(第14代横浜観光親善大使)2016年04月13日

皆さま、初めまして。
第14代横浜観光親善大使の増汐桃菜と申します。
このコーナーでレポートを書くことで、皆さまにも私達横浜観光親善大使の活動内容をより詳しく知っていただけたらいいな、と思います。
これからどうぞよろしくお願い致します。

2016年4月13日。
この日私たち横浜観光親善大使は横浜市長表敬訪問を行い、そして各種メディアを訪問させて頂きました。この日が親善大使になり初めての活動だったので、緊張とわくわくした気持ちが入り混じっていました。私は以前から親善大使に憧れていましたので、自分が“横浜観光親善大使”として、横浜市長にお会いできることは嬉しさもひとしおでした。

林文子市長はとても素敵な方で、今回お会いできるのをとても楽しみにしていました。実際にお会いすると、終始笑顔でお話しして下さり緊張していたのも嘘のようにあっという間に時間が過ぎてしまいました。林市長も音楽がお好きとのことで、自分との共通点が見つかったように感じて嬉しく思いました。

お昼からは、たくさんの新聞社へごあいさつに伺いました。私は新聞社の方々の取材は初めてでしたので、気持ちを引き締めてのぞみました。

どの新聞社の方々も丁寧に対応して下さり、私達3人の親善大使の想いをきちんと受け止め聞いてくださいました。翌日新聞に載り、嬉しい気持ちで、親善大使となった喜びをかみしめました。ありがとうございました。改めて親善大使のひとりとして責任と自覚を持ち活動していこうと決心しました。

これから一年間、持ち前の笑顔で責任感と感謝の気持ちを忘れずに、日々勉強しながら一生懸命頑張りたいと思います。
皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。